2005年 06月 19日
Lリーグ第10節 浦和レッズレディースvs伊賀FCくノ一
     
6月20日 浦和レッズレディース1-4伊賀FCくノ一

d0044021_23365387.jpg

13時キックオフの大宮サッカー場にて

浦和レッズレディースの試合に、初めて行って来ました!MDPも無料で配布しているのですね。メインは開放していなかったのですが、バックはおよそ5割の入りといったところで、ゴール裏にもトップチームと比べれば、数は少ないですがレッズサポもいます。ウォリアーなどのコールもトップチームと同じで、なかなか良い雰囲気でした。結構サッカー好きそうなおじさん達も多かったような・・・・・。
d0044021_23551340.jpg

伊賀FCくノ一サポ

さて、肝心の試合のほうですが、前半立ち上がりからレッズは安藤、若林の2トップに向かってロングボールを蹴りこみますが、伊賀のDFに跳ね返される上、攻め込まれてしまいます。ほとんどレッズの陣地でゲームが進んでいたような。しかし徐々に伊賀のサイドに単発ですが攻め込み始め、30分に若林がペナルティーエリア内で鋭いターンからシュート!先制します。前半はこのまま一進一退の攻防で終了。安藤選手うまいな~。そして後半へ・・・・・・。
d0044021_0151022.jpg

レッズゴール裏

後半は波乱の立ち上がり。いきなり若林が相手GKと接触。2枚目のイエローカード?で退場になってしまいます。そして右サイドから攻め込まれて、クロスっぽいのがゴールに吸い込まれて同点。暑い中一人少ない状況で、運動量と判断力が落ちてきたのか、55分にフリーの相手に寄せが遅れて、ペナルティの外から追加点を奪われ、あとは70分と87分に失点・・・・・。1-4という残念な結果になってしまいました。
d0044021_027198.jpg

試合後挨拶するレディースの選手達

キープ力のある安藤選手をトップにもってきて、タメをつくりたいという意図はわかるのですが、相手DFが高さと強さがあったので、なかなかハイボールを放り込むだけではボールが落ち着かず、攻め手がない状況でした。フォローもなく長い距離を走る選手も少なかった。それにしても、Lリーグでは接触プレーで簡単にカードが出るのですね。悪質なファールとか後ろからのタックルと言うものではなく、お互い一生懸命ボールを追ってぶつかったという感じだったのですが、ポンポンカードがだされました。レフリーの基準もバラバラでブーイングやおじさん達の「審判もっと勉強しろ!」という厳しい野次も(笑)。ちなみにレフリーは皆女性の方でした。選手が皆小柄なのは仕方ないのかもしれませんが、試合に出ていたメンバーで一番体格が良かったのが、主審と副審の3人だったのはちょっとショックでしたが・・・・・。結果として完敗でしたが、点を取られても相手に向かっていく彼女達のひたむきさに心打たれ、また観にいきたいと思います。それにしても暑い中90分走れるなんてすごい。女性にはきついだろうに。私だったら10分で吐いて退場していると思います。選手の皆さんお疲れ様でした。
(乙)



d0044021_0531697.jpg

今日のMDPの表紙は8番高橋彩子選手と4番山本有里選手

d0044021_056844.jpg

大宮公園のあじさい

[PR]

by Red_Kobaton | 2005-06-19 23:28 | 浦和レッズ


<< J1リーグ再開前の戯言      ナビスコカップ第6節 アルビレ... >>