2005年 08月 21日
FC東京戦回想
8月21日


d0044021_05147.jpgd0044021_0513450.jpg

観衆は44,400人で他会場より入っていたとはいえ(参考外:本日の国立は7,046人)、アッパーに空席の目立つ埼玉スタジアム2002。約一ヶ月ぶりのJ1リーグ再開、首位鹿島を追撃するのに重要なFC東京戦ということを踏まえると、かなり寂しい客入りだった。去年のこの時期も、永井が独走ドリブルシュートを決めた東京V戦、長谷部のロスタイム逆転ループシュートを決めた磐田戦もこんなもんだったので、夏休みのナイターは帰郷や家族サービスなどで客足が遠のくものなのだろうか?
d0044021_1101847.jpgd0044021_1204212.jpg


新旧デカユニの共演

空席が多かったとはいえ、この日の埼スタは瓦斯サポも多く来ていたので、双方のサポの気合が充満しており、すばらしい雰囲気だった。これぞフットボール!アッパーの指定席とはいえ、周りの方々も熱い人が多かった。ついでに瓦斯サポも多かった(泣)。
d0044021_075142.jpgd0044021_1115834.jpg


左 試合前の整列 右 打ち合わせする永井、マリッチ、ポンテ 何語で?

試合のほうは瓦斯の新加入選手ササに、初試合、ファストタッチ、初ゴールのご祝儀を与えてしまい、非常にイヤな立ち上がり。私が危惧していたのは、この後瓦斯の方に退場者→得意の引きこもり作戦→土肥の確変だったのですが、やはりプチ引きこもりぐらいでコンパクトに守ってきたので、得意のグダグダな試合に持ち込まれそうに。攻撃サッカーでセクシーフットボールの看板を上げてませんでしたっけ?ヒロミ監督!

しかしながら、以前の香車・飛車サッカーのレッズでは、瓦斯の術中にはまってしまったところですが、今は角の動きが出来るポンテから永井へスルーパス。それを永井が確実に決めて、試合を振出しに。

それにしてもポンテは凄い!抜群のキープ力、パスセンス、そしてポジショニングとまさにこれぞトップ下。フロントの皆さん、グッジョブ!です。その前にゴールにはならなかったけど、ポンテがゴールラインギリギリからダイレクトのインステップ(インフロント?)キックで、永井にマイナスのクロスを上げた時には鳥肌が立ちましたよ。まさにお手本のようなクロス。
d0044021_051999.jpgd0044021_051235.jpg


試合後の挨拶をする選手達

後半もレッズペースで攻めつづけ、得点の匂いがしたところで、去年のアウェー鹿島戦のエメのゴールを彷彿とさせるポンテのバナナシュート(古い?)で、瓦斯を突き放して勝利!終盤ヒロミが石川を投入してヒヤリとする場面もありましたが、なんとかこの大事な一戦をものにしました。
この日は鹿島もG大阪も負けたので、勝ち点を縮めることができ二重の歓喜。いよいよ追撃態勢が整ってきました。

もう一人の新戦力マリッチは、ビエリのような重戦車タイプではなく、周りとのコンビネーションで生きるタイプのようですね。そういえばあんまりヘディングで競り勝つところがなかったな~。まだ評価うんぬんは言えませんが、チームのために献身的にプレーしているので、早く結果を出せるように頑張って欲しいな。私はこういうタイプの選手が好きなんですよね。

次の対戦相手の神戸は、最下位とはいえ、今期はいずれも接戦でしたので、油断のならないチームです。ここで気を緩めることなく、確実に勝ち点3をゲットして欲しいものです。そう言えば市衛は元気でやっているのかな?
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-08-21 00:50 | 浦和レッズ


<< 山田さんの快挙      8月20日 J1 第19節 浦... >>