2005年 08月 25日
J1リーグ第20節 浦和レッズvsヴィッセル神戸
8月24日 浦和レッズ2-2ヴィッセル神戸

(19:03/駒場/16,173人)
得点者:'34 平瀬智行(神戸)、'51 永井雄一郎(浦和)、'56 三浦淳宏(神戸)、'89 ポンテ(浦和)


今さらですが、昨日の試合の雑感を。
チケットを確保できずTV観戦だった訳ですが、上司に捕まって後半半ばからTVのスイッチをつけると言う体たらく・・・・。試合内容は正直わかりませんが、鹿島とG大阪が勝っただけに、なんとも痛い引き分けでした。

今期はなんか勝ちきれませんね~。良い試合をした後は、なぜか負けたり、引き分けたり。

勝ち点1を獲得したのか、勝ち点2を失ったのか、後々評価が分かれそうな一戦でしたね。

個人的には、岡野がポンテに出した浮き球パスに萌えました。1点ビハインド、時間がない中で、無理にシュートを撃たず、良くポンテを見て冷静にパスを出せたなと。加齢による衰えなど言われてましたが、やっぱり岡野は我々を熱くさせてくれますな。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-08-25 23:58 | 浦和レッズ


<< 不謹慎ながら・・・      山田さんの快挙 >>