2005年 10月 02日
哀しい敗戦
10月2日(日) 2005 J1リーグ戦 第26節

C大阪 3 - 1 浦和 (15:05/長居/23,555人)

得点者:'9 森島寛晃(C大阪)、'53 ファビーニョ(C大阪)、'58 古橋達弥(C大阪)、'74 マリッチ(浦和)

まずは、現地参戦組みの方々、本当にお疲れ様でした。
我々はTV観戦という体たらく。偉そうな事を言えた立場ではないですが、今日の試合は悔しいというより、哀しくなってしまった、そんな敗戦だったように思います。

首位戦線に生き残る為の大一番。去年のレッズかと思うようなセレッソの鬼プレスと、一対一での球際の強さに腰が引けたレッズイレブン。全員とは言いませんが、選手たちから闘う気持ちがあまり伝わってきませんでした。いつも立って戦況を見つめていたギドが、終盤に降参したような表情で座り込んでいたのがその象徴でしょう。

ギド、そして選手たち、君らは何がしたいんだ?

d0044021_0383447.jpg

このままいくと、今年のMan of the Redsはアニキかな・・・・・?




d0044021_047461.jpg

埼玉県某所の土手に咲いていた曼珠沙華

d0044021_123971.jpg

同じく某所にいた白鷺

[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-02 23:58 | 浦和レッズ


<< ナビスコ終戦      SR各地で大暴れ。そしてジャス... >>