2005年 10月 22日
2005 J1リーグ戦 第28節 大宮アルディージャvs浦和レッズ
大宮 1 - 3 浦和 (15:05/埼玉/30,038人)

得点者:'3 三都主アレサンドロ(浦和)、'7 桜井直人(大宮)、'53 田中マルクス闘莉王(浦和)、'69 マリッチ(浦和)

d0044021_21304412.jpg

相変わらず寂しい大宮ゴール裏

「さいたまダービー」とマスコミが煽るほど、白々しくなる大宮戦ですが、この日もアッパー封鎖。大宮はがんばったほうとしても、レッズサポはもっと来ても良かったのではないか・・・・・・。

試合はアレのFK、CKから闘莉王のヘッド、そしてマリッチが相手をかわしてのシュートが決まり、順位どおりに勝利しました。桜井の得点だけは余計でしたが。桜井もレッズ戦だけでなく、他の試合でも気合を入れていれば、大宮もここまで追い詰められなかったんじゃないの?FWなのに、トニーニョと同じ得点数だよ。せっかく点を取って、レッズサポの目の前で「だまれ」ポーズをとったのに、ピエロで終わってしまいマスタ。

d0044021_21513775.jpg

アルディ&コバトンの入場

それにしても、マリッチがようやくフィットして来ましたね。この日はヘディングは競り勝ち、ポストプレーではタメを作り、仕上げは3点目の振り向きざまのシュート。エメみたいにバンバンシュートを打つわけではありませんが、打つと確実に入るような気がします。残り試合も頼んだぜ、トミー!トミーといえば、「トミーと松」を思い浮かべるのは、私だけでしょうか?

d0044021_2271992.jpg

試合後の埼スタ

先行してやっていた試合で、大分がG大阪を破って勝ち点差7。しかも、ツネ様が重症だとか。この分ではまだまだ最終節まで分かりません。次は波に乗っている川崎が相手です。前回は何とか同点に追いつきましたが、あの3トップ(ジュニーニョ・我那覇・マルクスの連携は美しい)はなかなか強力なので、気を抜けません。ここはまた一戦必勝でお願いします。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-22 21:26 | 浦和レッズ


<< 困ったときのレッズ頼み      振り返って >>