2005年 11月 12日
J1第30節 ガンバ大阪vs浦和レッズ
G大阪 2 - 1 浦和 (16:03/万博/20,811人)
得点者:'29 フェルナンジーニョ(G大阪)、'83 アラウージョ(G大阪)、'85 三都主アレサンドロ(浦和)


まったくの第三者が観ていたら、「いい試合だったね~。」や「面白い試合だった。」という試合だったと思います。当事者としては胃が痛い試合だったわけですが・・・・・。

今回はチケットが手に入らず、テレビ観戦という体たらく。テレビ中継終了後、残念、無念、がっかり、放心、悔しい等色々な感情が入り混じっており、しばらく動けませんでした。

この結果をどう受け止めたら良いのか、まだ整理がつきません。しかし、浦和レッズの2005年物語はまだあと4話残っており、最終話までしっかり見届けたいと思います。

選手達、そして現地へ参戦された同志の方々、お疲れ様でした。皆さんの気持ちは、居残り組みの我々にもしっかり届きましたよ。

追記
かなり前にチケットが売切れてしまったので、ガンバサポが買い占めてしまったのねと思っておりましたが、スタンドを見ると半分は赤い・・・・・・。犯人は同志だったのか!!!
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-11-12 11:10 | 浦和レッズ


<< ヴェルディ戦のワンシーン。      ナビスコカップ決勝 >>