2005年 11月 23日
J1第32節 ジェフユナイテッド市原・千葉vs浦和レッズ
11月23日(水) 2005 J1リーグ戦 第32節
千葉 1 - 0 浦和 (15:04/フクアリ/16,261人)
得点者:'89 水野晃樹(千葉)


d0044021_23351953.jpg

新築のフクダ電子アリーナ

今季を象徴するような試合でした。決めきれない、勝ちきれない・・・・・・・・。

阿部・ストヤノフがいなくても、献身的に走り回るジェフは油断のならない相手。実際激しいプレスで、思うようにボールをキープできませんでしたが、何とか踏ん張り前半を0-0で折り返す。

d0044021_23544327.jpg

レッズ側ゴール裏。サポがこぼれ落ちそうなぐらいいっぱい。

後半エスクデロと細貝を入れてからサイドが活性化し、何度かチャンスを作るも決めきれず。ただ、シュートを打たなければ点は入らないわけで、何度打て!打て!と叫んだか分かりません。皮肉なことにロスタイムでジェフの水野が、エイヤ!と蹴ったシュートが闘莉王に当たって入ってしまったところに、サッカーというスポーツの本質を見た気がします。相手より多い点数を入れれば勝つ→シュートを打たなければ点は入らない。

しかし、呆れた事にこの日は上位陣がそろって勝ち星を得られず、負けたにもかかわらず、まだ優勝のチャンスがある。次の磐田戦は長谷部も帰ってくるし(永井は怪我OK?)、ホーム最終戦ということもあり、意地を見せて欲しいものです。

d0044021_025967.jpg

歩道橋よりフクアリを撮影

今日は試合結果も残念だったのですが、それ以上に残念だったのは、ゴール裏に挨拶に来た選手達にむかって、ペットボトル等の投げ込みや、水がかけられていた事でした。しまいには二階席からペットボトルを投げつけて、一階の同志にぶつける馬鹿も出る始末。

確かに今季何度目だという不甲斐なさに、怒りが込み上げるのも分かりますが、大事な選手達に物を投げつけるのは許されないでしょう。万一怪我でもさせたら責任取れるのでしょうか?選手との信頼関係を維持できるのでしょうか?ジェフの激しいプレスの中、選手達は必死に勝利を目指してしていたと思います。結果はついてきませんでしたが・・・。何かやりきれない気持ちでスタジアムを後にしました。

せっかくすばらしいスタジアムで試合が出来たのに、来年は臨海か国立送りかな・・・・・・。
[PR]

by red_kobaton | 2005-11-23 23:50 | 浦和レッズ


<< 予感      エンディングに向けて >>