2006年 01月 09日
初滑り
初滑り@志賀高原(1/7~9)

アクセス:自宅-東京外環(大泉JCT)-関越道(藤岡JCT)-上信越道(信州中野IC)-オリンピック道路-志賀高原
宿泊  :サンバレーゲレンデ内某ホテル

d0044021_030113.jpgd0044021_0474997.jpg

熱戦が続く高校サッカーですが、我が家のオフの定番、シュプール(死語?)を描きに、大雪の中志賀高原まで行ってきました。いや~、寒かったし物凄い雪だった。-10℃以下だったので、グローブをはずしていると手が痛くなってくる。



d0044021_0522945.jpg

志賀高原は日本最大級のビッグゲレンデ。我が家からはかなり遠いのですが、年に一度は発奮して行っています。初日は見事に寝坊orz。8時頃家を出発したのですが、連休にもかかわらず渋滞もなし。昼過ぎに志賀高原では一番下に位置するサンバレーに到着。

初日は横手山や熊の湯に行きたかったのですが、雪が多く愛車ではチェーンなしではたどりつけそうもなかったので、泣く泣く断念して本日の宿にチェックイン。そのまま目の前のサンバレーや蓮池で滑る。

しかし寒いだけあって雪質は最高。まさにパウダースノーで、雪質は上越辺りのスキー場とは比べものになりません。まあ、上越のスキー場はアクセスが良くていいんですけどね・・・・・・。
雪質が良いと、何故かうまくなったような錯覚をおこしてしまいます。

二日目は春スキーでしか行ったことがない奥志賀へ。以前は蓮池辺りから滑って行ってましたが、体力的にきついのでシャトルバスで移動。ここはスキーヤーオンリーで、コースも長くて最高!もちろん雪質は言うことなしです。

隣の焼額山にも足を延ばし、もう足がパンパン。確実に加齢を感じてちょっとブルーになりました。

ニュースでの報道どおり長野は大雪で、滑走中は吹雪いており、信州のすばらしい景色が拝めないのは残念でしたが、初滑りとしては充分満喫して参りました。

d0044021_1221997.jpg

中野市内より志賀方面を望む

d0044021_1252376.jpg

佐久平より北アルプスを望む

3日目は帰るだけでしたが、きれいに晴れて周辺の山々が輝いて見えました。スキーの楽しさは滑るだけではなく、周辺の山々を展望できるのも魅力の一つです。そういう意味では、最終日に晴れたのは、山の神様からのご褒美だったのかな?

d0044021_1362039.jpgd0044021_1363189.jpg

最後はお約束の横川の釜飯

[PR]

by red_kobaton | 2006-01-09 00:30 | 旅行


<< 小野伸二レッズ復帰      黒部・相馬加入決定!!! >>