2006年 03月 25日
J1リーグ戦 第5節
横浜FM 1 - 3 浦和 (15:34/日産ス/50,572人)
得点者:'43 山田暢久(浦和)、'48 ワシントン(浦和)、'89 大島秀夫(横浜FM)、'89 長谷部誠(浦和)


d0044021_9201640.jpg

試合前の日産スタジアム

岡ちゃんになってからのマリノスは、今のユーべのように面白みはないが、組織的にキッチリ守って勝つというチーム。マリノスとの試合はいつも我慢比べになって、お互いに潰しあいになることが多い。

この試合も前半途中まで、中盤での激しい攻防で双方シュートが打てず、今日も我慢比べかと思った矢先の山田のゴール。このゴールが全てだったと思う。これでイヤでもマリノスが攻めなければならなくなった。



d0044021_9383198.jpg

マリノス側ゴール裏

後半開始直後には、ポンテのヒールパスからワシントンが抜け出してゴール。あの松田が振り回されたあげく転倒wそれにしてもワシントンのゴール前の冷静さはすばらしい。

レッズの2点目が入ってから、マリノスが必死に攻めようとするが、レッズ守備陣の気迫のこもったディフェンスにより、早々に放り込みへチェンジ。これには呆れたが、見ていて全く点を取られる気配がなく、逆にカウンターでレッズがチャンスを作り始めた。相手キーパーのファインセーブが無ければ、もっと点差が開いていてもおかしくなかっただろう。

d0044021_1642127.jpg

ロスタイムにマリノスの大島に決められてしまったが、長谷部のスーパーゴールを見れたので、ご愛嬌といったところか。完勝で非常に気持ちよかった。

あの馬鹿でかい日産スタジアムでも、今日は選手達の気迫が充分伝わってきたすばらしい試合だった。次節は名古屋戦だが、大勝した後にポカをすることがあるので、気を引き締めて望んでもらいたい。そういえば、その前にナビスコの予選があったか。代表メンバーがいないスタメンも結構楽しみだったりする。
[PR]

by red_kobaton | 2006-03-25 09:13 | 浦和レッズ


<< 横浜遠征      埼スタ写真館 >>