2006年 04月 10日
井原氏にS級ライセンス
井原氏が日本における最上級指導者資格である、S級ライセンスを取得したそうだ。おめでとうございます。
井原氏の引退は2002年だったから、わずか3年強で取得したことになる。
ほんの8年前、日本代表のキャプテンとして、ワールドカップのピッチに立っていたんだよな~。
そして最後はレッズでスパイクを脱いだ。
全盛期のプレーからは落ちていたが、J1に復帰しても、いつJ2に降格してもおかしくはなかったレッズで、
若いチームを引っ張っていてくれた事は、今でも感謝している。





井原氏といえば、ドーハの悲劇のメンバーでもあった訳で、
その時のメンバー、高木氏・柱谷哲氏・ラモス氏・長谷川氏・都並氏等、
今は指導者としてJリーグで活躍いるのを見て、とても感慨深いものを感じる。
きっとこの世代、日本サッカーのプロ化、ワールドカップを現実として捉えられた、もしくは出場したメンバー達が日本のサッカーを引っ張っていくことだろう。

井原氏が監督になると決まったわけではないが、彼はまだ38歳。
いきなりJ1の監督ではなく、下部リーグやコーチで実績を積んで、
焦ることなくトップリーグの監督を目指してほしい。
あまり感情を表に出す人ではなかったが、芯の強い人だと思うので、
きっと次の舞台でも活躍してくれるだろう。

ところで、ハダシリーグで活躍しているこの人も元気そうで・・・・・・。
たまにテレビで観る不自然なテンション、嫌いじゃないよ。
レッズで頑張ってくれた人が元気そうにやってると、やっぱり嬉しいよな~。
[PR]

by red_kobaton | 2006-04-10 01:08 | 浦和レッズ


<< J1リーグ戦 第8節      4月9日(日)J1リーグ戦 第7節 >>