2006年 05月 03日
J1リーグ戦 第11節
2006年5月3日(水)
千葉 2 - 0 浦和 (16:03/フクアリ/17,438人)
得点者:'73 巻誠一郎(千葉)、'89 中島浩司(千葉)


d0044021_23134881.jpg

ご好意により無事フクアリ入場

corseさんにチケットを譲ってもらい、GWの大一番その2であるジェフ戦を無事迎えることができた。corseさん本当にありがとうございました。

肝心の試合の方は・・・・・・。




d0044021_2327567.jpg

レッズ側ゴール裏。今年も揺れておりました。

今節は一言で言うと、ジェフに乾杯!完敗。フットボールのあるべき姿を、オシム監督とジェフの選手達に、イヤというほどご教授いただいた。

オシム氏曰く、
言ってみれば、浦和の敵は浦和だということです。すばらしい監督・選手・環境を持っている浦和に対しては、どのチームもモチベーション高く臨んできます。全試合がダービーのようになるのです。そういう試合では、全力を常に出し切らないとならないでしょう。(以下略)

敗因を挙げたらキリがないけど、今まで個人能力でごまかしていた弱点をあぶりだされてしまった。
それはチームとしての連動性(戦術)の無さ、そして全体的に運動量が少ないためにパスコースの選択肢の無い等々。
パス&ゴーって小学校のクラブで教えてもらわなかった?
一番は絶対に勝つという気持ちが、伝わってこなかった事かな。どこか出し惜しみしているような。

味方が追い込んでたり、マークすべき相手が前に走りこんでいるのに、ちんたら歩いている小野伸二もこれ以上見たくないな~。君がよく言うサッカーを楽しむがこれ?

d0044021_23462157.jpg

帰路、蘇我駅へ向かうサポ達。心なしかレッズサポの後姿に哀愁が漂っていた。

この情けない敗戦を教訓にして、次節の鹿島戦でどう立て直してくるか?
その後はワールドカップでリーグが中断するだけに、非常に重要な試合となってくる。
まあ、私は仕事で行けない訳だが(泣)。

それにしても平川よ。試合中何度もスパイクの紐を結びなおしていたが、プロとしてそれはどうよ?
[PR]

by red_kobaton | 2006-05-03 23:23 | 浦和レッズ


<< 憂さ晴らし      現地でチケゲット! >>