2006年 05月 05日
傷心旅行(志賀高原編)
一日目ルート
埼玉県某所→外環(大泉JCT)→関越道(藤岡JCT)→上信越道(碓井軽井沢IC)→草津(志賀草津道路)→横手山(スキー)→一の瀬泊
二日目ルート
一の瀬→渋峠→草津(志賀草津道路)→長野原(国道145・353)→関越道(渋川・伊香保IC)→国道16号(川越IC)→埼玉県某所
d0044021_20384948.jpgd0044021_20385929.jpg

左 噴煙をあげる浅間山 右 草津の手前の集落で満開の桜


ジェフ戦のショックを引きずったまま、春スキーなどをしに志賀高原へ。一応GWということで、思いつきで出かけてきました。

今回は冬季閉鎖から開通した志賀草津道路経由で、志賀高原の横手山へ向かいました。
前夜の自棄酒と疲労で、昼までふて寝していてもおかしくはありませんでしたが、奇跡的に早朝に起床。午前5時には我が家を出発できたので、なんとか渋滞に巻き込まれずに目的地の横手山に到着。出発があと30分遅かったら半日は車の中で過ごすはめになっていたでしょう。
ただ、軽井沢のアウトレット周辺、草津市街は朝からかなり混みあっていて、民族大移動を実感せずにはいられません。





d0044021_165075.jpgd0044021_165980.jpg

左 白根山周辺の雪の壁 右 渋峠付近から北アルプスを望む

もう5月というのに白根山~渋峠にかけて、道路周辺にはまだかなりの雪が残っています。
この日はすばらしい青空で、遠く北アルプスの山々がはっきり見えました。

d0044021_1262790.jpgd0044021_1263446.jpg

渋峠ホテルのマスコット犬、インディ君(♂)

渋峠ホテルにいる、やる気のなさそうなしぐさがかわいいインディ君。大型犬ですがおとなしい性格。ここのホテルは、群馬県と長野県の県境にあります。自家製のパンが美味しいので、機会があったら是非立ち寄ってみてください。居候も募集中。

d0044021_1444720.jpgd0044021_1445728.jpg

横手山ゲレンデと山頂

春スキーですので、さすがに雪質は望めませんが、まだまだ充分な積雪。バーベキューをする人もいて、春スキーならではの光景も。ここと渋峠のゲレンデは、標高2,000mを超えるだけあって、シーズン中は物凄く寒いですが、雪質は最高で志賀高原のなかでもお気に入りのゲレンデの一つ。

帰りはザスパ草津発祥の地を見学天下の名湯で一浴びするべく、草津温泉展望大浴場ベルツ温泉センターに寄りました。入浴料大人900円也。無色透明の湯が疲れた体を癒してくれます。

今回は軽井沢の渋滞を回避すべく、草津から長野原・吾妻経由で帰りましたが、渓谷沿いのドライブを満喫。秋は紅葉できれいなことでしょう。

春スキーとすばらしい景色をみて、ジェフ戦の敗戦を(個人的に)払拭。やっぱり旅は良いものです。日曜はしっかりと鹿狩りをして、中断期間に臨みたいものです。
[PR]

by red_kobaton | 2006-05-05 20:33 | 旅行


<< 鹿、飲んじゃいました。      憂さ晴らし >>