2006年 05月 21日
2006 ヤマザキナビスコカップ
浦和 4 - 2 横浜FM (15:02/埼玉/43,129人)
得点者:'23 ワシントン(浦和)、'32 相馬崇人(浦和)、'43 ワシントン(浦和)、'70 ワシントン(浦和)、'73 塩川岳人(横浜FM)、'81 田中隼磨(横浜FM)


d0044021_0231018.jpg

絶好のサッカー日和。かなり暑かった。

キーパーが加藤順大というサプライズがあったものの、それ以外は想定の範囲内のメンバー。
消化試合とはいえ不甲斐ないパフォーマンスに終始した水曜日の瓦斯戦から、どれくらい持ち直してくるかに注目したこの試合。結果から言えば、失点シーンに課題はあったものの、それぞれの選手が持ち味を発揮して見事グループ一位を勝ち取りました。





d0044021_039476.jpg
GKの加藤は初出場ということで、うまく試合に入っていければ良いなと思っていましたが、無難にプレーしていました。後半はちょっと若さが出てしまいましたが、これも良い経験にいてくれればいいですね。それにしてもキックが正確です。まるで都築のようでした。

そしてこの日一番魅せてくれたのが永井。
永井と言えば、ドリブル、サイドからの正確なクロスが代名詞でしたが、今日は芸風を変えてスルーパスを連発。2列目として違和感のないプレーぶり。永井=ウィングという固定概念を覆してくれました。ギドは見抜いていたのかな?

ワシントンはハットトリックの大活躍。2点目のアウトサイドでのシュートはお見事の一言。あの感覚は日本人には中々ないのではないでしょうか。

それにしても、マリノスの選手紹介で一番ブーイングが大きかったのが岡ちゃんというのが、マリノスの現状を物語っていたと思います。

今日の結果で準々決勝の相手は川崎フロンターレ。イヤな相手ではありますが、約束の地へたどり着くためにも突破してほしいものです。
でも会場が駒場ってorz チケット取れるかな~?
[PR]

by red_kobaton | 2006-05-21 00:20 | 浦和レッズ


<< 改革者、Jリーグへ      2006 ヤマザキナビスコカップ >>