2006年 07月 02日
睡眠不足もあと少し
ワールドカップをTV観戦→寝不足のまま仕事→通勤時間・休憩中に雑誌・エルゴラ購読→帰宅してネットで情報収集→ワールドカップTV観戦と、ひたすらループを繰り返していた日常ももうすぐ終わりを迎えます。ブログの更新もサボっておりましたが、またボチボチアップしていこうと思います。

さて、レベルはチャンピオンズリーグの方が上だなどと言われていますが、やっぱりワールドカップはレベルとか戦術などを超えたモノだということを再認識しました。あれだけのスター達が必死にプレーするのですから、70年以上も続いている伝統ということもありますが、これが国を代表して闘うということなのでしょう。準決勝は欧州の伝統国どうしの対戦ですが、白熱した試合になりそうなので、早く試合日にならないかと心待ちにしております。

ところで、我らが代表ですが、神様ともてはやした人物が率いた後には、ペンペン草も生えないほどの焦土となってしまいました。いや、ホント何にも残らなかったな。メッキ(黄金の○○とか、ファンタジスタとか、史上最強とか)も剥がれてしまったし。
フランスの時は準備万端で勝ち点0。日韓の時はホームだから参考にならないとして、今回のドイツは無為無策、泰然自若で勝ち点1。少しは進歩しているということでOK?

この惨敗をもとに、サッカー協会と神様の任命者も少しは反省するかと思っていたら、歴史的な猿芝居失言で責任問題の追求を、次の監督の話題で見事切り抜けてしまいました。いや~見事な組織防衛でしたよ。以前もあった監督問題で「協会は腐ったみかん」といった人がいましたが、体質は全然変わっていないようです。無様な敗退の後で、さらに怒りがこみ上げてきましたよ。

会長殿が日本サッカーに果たした功績は多大なものがありますが、これ以上晩節を汚さないほうが良いのではないか。またサッカーを愛する人々を、これ以上馬鹿にするのはやめていただきたい。
[PR]

by red_kobaton | 2006-07-02 23:41 | 日記


<< 7月19日(水) 2006 J...      FIFAワールドカップTM グ... >>