2006年 07月 22日
J1リーグ戦 第14節
川崎F 0 - 2 浦和 (19:04/等々力/23,005人)
得点者:'30 田中達也(浦和)、'76 永井雄一郎(浦和)


d0044021_22542544.jpg

ピーカブーとフロン太君

前節の不甲斐ない試合から、首位のフロンターレとの対戦にかなり不安でしたが、今日は達也と永井の2発で快勝!
試合内容が凄く良かったというわけではなかったと思いますが、気迫と運動量で相手を圧倒しておりました。
やれば出来るじゃないか!!!
ワールドカップを観ていて思ったのですが、技術・戦術以前に、勝つんだという強い気持ちと運動量がないと、勝利を手繰り寄せることはできませんよね。



d0044021_23102389.jpg

だるまも戦況を見守る

達也のワントップは相変わらずどうかと思いますが、彼がボールを持つと何かやってくれるという気配がプンプンします。
ゴールに向かっていく姿勢がすばらしい。ワールドカップに出てた屁タレ日本代表FWがゴミにみえるFWはやっぱりこうでなくては。
復活&ゴールおめでとう。
まだトップフォームにはいたっていないと思うので、ギドも無理に酷使しないでほしいですね。
リーグ戦終盤にフルパワーで参戦できれば・・・・・。

山田が退場になってからは、ギドが言うとおり5バックにしてなりふり構わず守り倒す。
終盤疲れの見える達也に代えて永井を投入したが、交代した直後にこちらもゴール。
嬉しいFW2連発となりました。

d0044021_2332538.jpg

去年はここぞという試合で勝てなかったことを思うと、今日はしっかりとリードを守って、勝ち点3を獲得できたことは評価できると思います。中断まで過密日程が続きますが、大宮・柏に連敗した去年のようなことがないように、次も今日のような気迫、運動量をもって臨んでほしい。
[PR]

by red_kobaton | 2006-07-22 22:46 | 浦和レッズ


<< 等々力訪問      7月19日(水) 2006 J... >>