2006年 07月 29日
J1リーグ戦 第16節
甲府 1 - 1 浦和 (18:34/小瀬/17,000人)
得点者:'62 藤田健(甲府)、'75 三都主アレサンドロ(浦和)


d0044021_0452362.jpg
ICを降りてから歓迎ムード全開の今節・・・・・・

負けなくて良かった、勝ち点1を拾えてよかった、そんな試合だったと思います。
「前半は寝ていた」というのは、もうレッズのデフォルトですが、
相手の鋭い出足にタジタジといった前半。いや、ホント甲府のサッカーはすばらしかったですね。




d0044021_057047.jpg
定員オーバー?のアウェーゴール裏

甲府はレッズのお株奪うかのような、外連味のない攻撃サッカー全開で、レッズゴールに迫って来ます。
攻めてはボールホルダーに3人は絡むし、ボールを奪われればすぐさまプレッシャーをかけてきます。
対する我が浦和レッズ。
確かに暑い中の連戦で、疲労困憊というのは理解できますので、今のレッズにきれいなサッカーなぞ望みませんが、
相手も同じ連戦をこなしてきている中で、明らかに運動量が劣っているのは残念でした。
結局アレックスの個人技で同点に追いついて、何とか敗戦を免れるのが精一杯と言ったところ。
このところ大活躍の達也に対して、甲府はしっかりと対策を練ってきました。
CB2人が受け渡しながらガッチリマーク。こうなるといくら達也でもフォローがない中では、
かなり厳しい状況でした。

d0044021_117027.jpg
頭を上げろ!勝負はまだこれからだ!

それにしても、ギドが今トルコにいる某元代表監督にダブって見えるのは、私だけでしょうか?
ベンチには能力があって、試合に出たくてしょうがないメンバーがいるのですから、
コンディションが悪い先発メンバーに代えて、頭から出してみても良いと思うのだけれども。
交代も遅いし、代わる選手もワンパターン。明らかに機能しない達也のワントップに固執する理由も分かりません。

これから残念ながらまた中断。ワシントン、ポンテのエースが戻ってくるので、
しっかり立て直して、また外連味のないフットボールを見せてほしいものです。

そう言えば、試合前のウォーミングアップ。
アナウンスの男女が入れ替わり立ち代わり、
時間になりましたので、両チームウォーミングアップを終了してください!!!
って、10回以上言ってなかった?
甲府に来たのは初めてだったのですが、面食らうことが多々ありました。それはまた後ほど。
[PR]

by red_kobaton | 2006-07-29 00:41 | 浦和レッズ


<< 甲府遠征      等々力訪問 >>