2006年 08月 19日
2006 J1リーグ戦 第18節
鹿島 2 - 2 浦和 (19:04/カシマ/34,236人)
得点者:'40 アレックスミネイロ(鹿島)、'69 柳沢敦(鹿島)、'71 小野伸二(浦和)、'89 ワシントン(浦和)


d0044021_1928444.jpg

カシマスタジアムバック最上段より。

「疲れたな・・・・・。」
猛暑のせいで夜でもそれほど涼しくならず、日中の強い日差しに参ってた私には、
試合観戦と鹿嶋脱出作戦の2つを遂行するのは、肉体的に非常に厳しいミッションとなりました。
もっとも私の疲労など、夏のこの時期に連戦をこなす選手達の疲労度には足元にも及びませんが、
今日は観ているこちらにも選手達の疲労感と集中力の欠如が伝わってきて、フラストレーションのたまる試合だったと思います。しかも、よりによって柳沢に決められてしまうなんて!!!
最近柳沢をQBKと表記するブロガーさんを良く目にします。最初は何のことか分かりませんでしたが、昨日やっとわかりました。
Q(急に)
B(ボールが)
K(来たので)  orz
まあ、余談ですが・・・・・・。



d0044021_19532256.jpg

害虫駆除?カメムシでも大量発生したのだろうか?

前半15分ぐらいまでは相手を圧倒していて、今日はやってくれるのではないかと思いましたが、
何故か急に失速して鹿島に押し込まれるようになります。
劣勢の中からポスト直撃弾などもくらい、終了間際にはCKから失点。何か嫌な予感を漂わせながら後半へ。
平川・長谷部・アレ・達也の元気のなさが気にかかりました。伸二の運動量が少ないのは、もはやデフォルト。
代表の選から漏れた彼には、さらなる奮起と代表で疲弊したメンバーを引っ張って欲しかったのですが、
スペースをつくる動きに乏しく、パスを出した後のテクテク歩きには失望。
そうは言っても、2失点後の彼の得点が、反撃の狼煙を上げたのも事実で、功罪併せ持つ選手と言っては言いすぎでしょうか。

d0044021_21422470.jpg
今節はワシントンと達也の初2トップにも期待がかかりましたが、こちらもイマイチ噛み合っているとは言い難く、コンビネーションの熟成には多少時間がかかるのかもしれません。ワシントンは復帰したばかりですし、達也は明らかにキレがなかったですしね。
2-0になった時点で、鹿島がとどめを刺しにきたら確実に負けていたでしょうが、早い時間帯から情けない時間稼ぎを敢行する体たらく。鹿島が虎の子の2点を必死に守りきろうとしたおかげで、後半半ば以降はかなり押し込むことができました。かつての鹿島なら余裕でいなすことが出来たのでしょうが、今はそんな力もないようです。

終盤が近づくにつれ、FW闘莉王大作戦の上、右サイドに永井、左に相馬、トップ下?にアレを配置して、玉砕覚悟の攻撃。その覚悟が実ったのか、終了間際にワシントンの一発で同点。
試合内容はともかく、苦手のカシマスタジアムで鹿島相手に勝ち点1を取ったのは、評価しても良いでしょう。それにしても、ミスが多く動きも少ない試合でイライラさせられましたが。

来週は連戦。そして、9月頭にはアジアカップの予選で中東のアウェー連戦。
代表選手が壊れてしまうのではないか?と思うような殺人スケジュールですが、
ギドは選手のコンディションに関係なく、相変わらずの「ベストメンバー」で臨んできます。
サブのメンバーも力のある選手が控えているのだから、もう少し先発メンバーをローテーションで起用しても良いと思うのですが・・・・・。

何か閉塞感が漂う、そんな試合だったように思います。
[PR]

by red_kobaton | 2006-08-19 19:23 | 浦和レッズ


<< はるばる来たぜ、カシマスタジアム      満員御礼 >>