2006年 10月 07日
J1リーグ戦 第26節
浦和 2 - 0 千葉 (15:04/埼玉/48,952人)
得点者:'16 ワシントン(浦和)、'58 田中マルクス闘莉王(浦和)


d0044021_23164151.jpg
二日続いた大雨もあがり、風は強いながらも秋晴れ。
ここ最近苦手にしているジェフが今節の相手でしたが、この空のようにスカッと勝ってほしいところ。
ジェフは監督が変わって、中々勝てない日々が続いていましたが、復調傾向にあるだけに侮れない相手ではあります。
好ゲームを期待できるこの試合、この人の降臨で違った意味で好ゲームと相成ったわけですが・・・・・。



d0044021_2317814.jpg

前半15分にジェフのDF結城耕造が、ワシントンへの得点機会阻止で一発退場。ワシントンがPKを決めてレッズがリードします。

あとでTVで確認したのですが、このファウルのシーンでは、結城の退場は妥当だったと思います。ルールブック上は。ただ、フットボール的には果たしてこれでよかったのでしょうか?あの早い時間帯で一人少なくなったジェフは、自陣に引いて前半を1点ビハインドで終えようとします。結果として前半の両チームは、特に見せ場のない硬直した展開となってしまいました。

いつも思うのですが、審判が杓子定規に笛を吹くと、大体試合は荒れるか、ぶっ壊れてしまうのは必定。試合としての面白味は失われてしまうものです。結城のファウルの場面では、イエロー+PKで良かったのではないか。ルールどおり正確にジャッジすることより、大切なことがあると思いますけどねぇ。まあ、勝ったから言えることかもしれませんが。

d0044021_2348449.jpg

今日の山田キャプテンは前線での攻守に大活躍。闘莉王のヘディングシュートもアシストしました。スペースに飛び出して起点となったり、前線からのチェックで守備に貢献。山岸からのフィードもかなりの確率で競り勝っていました。本気のキャプテンはやっぱり凄い。あとは毎試合これぐらいのパフォーマンスを披露してくれれば・・・・・。

後半はジェフも盛り返してきて、何度もポストにボールが当たるなど、レッズはピンチの連続でした。特に闘莉王が退いたあとは、かなりやばかったですね。レッズもチャンスを決めきれないので、2-0で試合は終わりましたが、もっと乱打戦になってもおかしくはない展開でした。

今日のMVPは南ゴールポストですかねぇ。

そう言えば、かなりご無沙汰のネネが無難に守備をこなしていた上、攻撃にも積極的に絡んでいました。彼と契約を継続してきたのは、主力DFの負傷に備えてのことだったのでしょう。頼れる男が帰ってきました。正確なフィードやミドルシュートもこの選手の魅力ですしね。

試合開始早々に退場者を出して、試合が壊れるかと思われましたが、ジェフの頑張りで締まった試合になったと思います。特に代表ではイマイチ積極性にかける阿部ですが、自チームでは攻守に奮闘。ボール奪取の技術や、最後方からでも迷わず前線に飛び出していく運動量がすばらしかった。終盤水野がネネをぶっちぎったドリブルも凄かったですし、ジェフは中々若くて好選手を揃えているので、今後とも難敵であり続けるでしょう。

去年の選手紹介では、オシム監督以外には、大してブーイングがおきなかったのですが、今節はブーイングされるのは、ジェフの選手達の方でした。まあ、代表に沢山入っているからですが、オシムさんが代表監督に就任する以前と比べると、隔世の感がありますなぁ。
[PR]

by red_kobaton | 2006-10-07 22:54 | 浦和レッズ


<< 巾着田      KIRIN WORLD CHA... >>