2006年 10月 28日
J1リーグ戦 第29節
磐田 3 - 2 浦和 (14:05/ヤマハ/16,162人)
得点者:'2 犬塚友輔(磐田)、'6 カレンロバート(磐田)、'48 ワシントン(浦和)、'52 福西崇史(磐田)、'70 ワシントン(浦和)



d0044021_22591153.jpg

行楽シーズンの首都高速

進まない車の列

迫るキックオフ

曇る、助手席の妻の顔

どうすんのオレ?どうすんのよ~!!!

突撃:いつ着くか分からないけど、そのまま目的地へ向かう
変更:首都高降りて駐車場に車を預け、新幹線で目的地へ向かう
撤退:あきらめてTV観戦する




d0044021_2310655.jpg

結局突撃を選びましたが、キックオフに間に合いませんでした。見通しが甘かった・・・・・。
何とか前半半ばにはヤマハスタジアムに到着しましたが、なんか押せ押せの展開。
時折ジュビロにカウンターをくらってましたが、暢久のヘディングシュートがネットを揺らすも、惜しくもオフサイド。
よし!今日も頼んだぞとしばらくコールしてましたが、ふと電光掲示板を振り返ると、2-0の表示が。
なんだ、もう2点取っちゃったの?と思ったら、逆に取られてましたorz
結果としてこの2点が重くのしかかってきましたね。
個人的にはオフサイドくさかった福西の3点目が、反撃ムードに水をさす痛い失点だったと思います。
(追記 やべっちFC見たら、アレックスがメイン側で残ってたので、オフサイドじゃなかったみたい)
d0044021_23221321.jpg

後半怪我明けで動きの重かった坪井を相馬へ交代。
しばらくお目にかかってなかった4バックで攻め立てました。相馬が攻守に走り回って、非常にみてて気持ちよいプレー振りでしたね。
相馬投入で左サイドからの攻めが増えました。
しかし、ワシントンの2発どまりで敗戦。
立ち上がりに集中を欠いた事が、悔いの残る悔しい結果となってしまいました。

しかし、選手達の闘う姿勢は相変わらずでしたし、攻撃の形もつくれていましたので、悲観するほどの敗戦ではないと思います。

ただ、いくら判定が安定していなかったとは言え、皆で主審に噛み付くのはいただけません。
もちろん、多少激高してしまうのは仕方ないとして、キャプテンまで一緒になって文句言っても、百害あって一利なし。誰かなだめ役はいないものだろうか?監督まで怒り狂ってるし。
判定が覆ることはないのですから・・・・・。

今日はcrash634さんRed_Sunflower さんご夫妻と一緒に観戦いたしました。
今回は慌ただしい再会でしたが、次回はゆっくりお会いしたいですね。まあ、遅れた我々がわるいのですが。
[PR]

by red_kobaton | 2006-10-28 22:16 | 浦和レッズ


<< 寄り道      衝動買い >>