2006年 11月 11日
J1リーグ戦 第30節
浦和 1 - 0 横浜FM (15:04/埼玉/52,582人)
得点者:'33 山田暢久(浦和)


d0044021_056253.jpg

バックアッパーに出たデカユニ

堀之内も膝の負傷で、ディフェンスラインが心配される中迎えたこの試合。
マリノスとは埼スタでの相性が悪い事も懸念されていましたが、埼スタ杮落としから続いていたジンクスを、
やっと破ることができました。あの「幼稚園サッカー」と評された試合から苦節5年・・・・・。




d0044021_124393.jpg

この日のヒーローインタビューは暢久。すばらしいシュートで得点

マリノスとやる時は、硬直したというか、つまらない試合になりがちですが、この日も例外ではありませんでした。

しかし、中澤・松田という日本でも屈指のディフェンダーが中央に構えている中、中々得点するのも難しいものなので、
前半のすばらしい得点(永井→ポンテ→暢久)を守りきって勝てたことは、評価できると思います。
勝てれば良いのですよ。ココまでくれば。

G大阪は恒例になりつつある終盤の失速、川崎は4-1からの逆転をくらう失態を犯し、勝手に自滅してくれたおかげで、
優勝に向けて俄然有利な状況になってきましたが、次は苦手のアウェー名古屋戦。
気を緩めることなく、一戦必勝で臨みたいものです。

d0044021_1153718.jpg

マリノスサポ。雨の中、自慢の傘を活用できて良かったね!

それにしても、この日のマリノスを見るにつけ、試合を決定できる前線の選手がいない悲哀というのを見せ付けられました。
FWは確かマルケスと大島でしたが、全く存在感がない上に、シュートもほとんど打っていなかったんじゃないかな。
ワシントンといい、この日の暢久といい、今のレッズはここぞ!と言う時に仕事が出来る選手が前線にいるおかげで、
勝ち続けていますが、やっぱりサッカーは得点能力の高い選手が前線にいるかいないかで、勝負が決まることを再認識させられました。
マリノスで怖かったのはやっぱりコイツかなぁ。スパイクが赤かったので、赤いソックスと相まって、長靴履いているみたいに見えたよ。
[PR]

by red_kobaton | 2006-11-11 00:36 | 浦和レッズ


<< 準備完了      第86回天皇杯4回戦 >>