2006年 11月 23日
J1リーグ戦 第32節
浦和 3 - 0 甲府 (15:04/埼玉/57,781人)
得点者:'46 ワシントン(浦和)、'64 山田暢久(浦和)、'68 ワシントン(浦和)


d0044021_0542471.jpg
「要塞☆サイスタ」の弾幕。この日の埼スタはまさに赤い要塞。

まさか、まさかのワシントンPK2連続失敗。ゴール前での暢久の優柔不断。
イマイチぴりっとしない状況のまま、いや~な雰囲気で前半を終え、スタジアムは重い空気に包まれました。
ワシントンのPK失敗シーンは、まるでリプレーVTRを何回も見ているようでしたね。



d0044021_104926.jpg
ビジュアルパフォーマンス

後半は渇を入れられたのか、開始早々暢久のクロスからワシントンのヘディングシュートで先制。
PK失敗が尾を引いてなければ良いがと思っておりましたが、小生のそんな心配は杞憂でした。
ワシントンの精神力の強さを思い知らされましたね。さすが元セレソン。チームみんなに祝福されているのが印象的でした。このチームの一体感が伝わってきます。

後半の暢久キャプテンは、相変わらず調子が良いらしく、名古屋戦で外しまくった位置から、今日は見事に2点目をゲット!!!たり~さんなどと揶揄されていたこともありましたが、やっぱり持っている能力はずば抜けています。最近非常に頼もしいキャプテンです。点を決めて喜んでいる時に、闘莉王から蹴りで祝福されていたのは笑いましたが。

そして68分にはCKからワシントンがとどめの一発。これで勝負ありました。

d0044021_1135868.jpg
赤のデカ旗がねじれていたのはご愛嬌

またG大阪と川崎がコケてくれたおかげで、次節勝てば優勝。引き分け以下でもG大阪の結果次第で優勝が決まる所まで来ました。
しかし、ここまで来たら2年前の2ndステージ名古屋戦みたいな、負けて優勝という微妙な空気はもう味わいたくありません。絶対に勝って優勝を決めましょう!場所はアウェーですが、味スタですからホームみたいなものですし。

d0044021_22402018.jpg
それにしても、対戦相手の甲府の戦いぶりは素晴らしいものでした。圧倒的なアウェー、しかも退場で一人少ないにもかかわらず果敢に攻めてきましたし、名古屋や京都のようにドン引きになることもなく、高いラインでプレスをかけてきました。その攻める姿勢には敬意を表します。J1残留も果たし、1年目の「J1探検」は有意義だったのではないでしょうか?来年も同じ舞台で戦えることを嬉しく思います。

それにしても、夜のニュースで相変わらずJリーグの扱いが悪かった。西武や巨人のファン感(松坂・桑田見納め)より下の所もあったし。報道ステーションに至っては、オフシーズンにもかかわらず野球特集。こちらはリーグ戦佳境ですよ!
まだまだ日本は野球帝国健在と言ったところですなぁ。
[PR]

by red_kobaton | 2006-11-23 00:53 | 浦和レッズ


<< J1リーグ戦 第33節      名古屋グルメ >>