2006年 12月 16日
第86回天皇杯5回戦
13:04/埼玉/17,675人
浦和 3-0 福岡
得点:93'ポンテ(浦和)108'ワシントン(浦和)119'永井雄一郎(浦和)


d0044021_22301583.jpg

キックオフ前の南広場。最終節の熱気はどこへ?

今回は車で来ましたが、キックオフ30分前と言うのに、埼スタ周辺の民間駐車場はガラガラ。ここまで停まっている車が少ないのは初めて見ました。呼び込みのおばあちゃんがヒマそうです。アルディージャの試合と間違えたかと思いましたが・・・・・。



d0044021_2234536.jpg

それでも北ゴール裏は結構埋まっていたけど・・・・・。

この試合に向けて、多少はメンバーを入替えるのかと期待しておりましたが、怪我人以外はベストメンバー。まあ、想定の範囲内ですね。

レッズはリーグ優勝で気が抜けたのか、いまいちピリッとしない内容でした。序盤はサイドチェンジやダイレクトパスで魅せてくれましたが、試合が進むにつれてアビスパにカウンターをくらう始末。アビスパに決定力のあるFWがいたら、この試合は負けていたかもしれません。まあ、そういうFWがいなかったので、アビスパは降格したわけですが。良いチームだっただけに残念でしたね。

d0044021_22574897.jpg

結局延長で足が止まったアビスパから、3点奪って終了。Vゴールがあったころ散々見せられた、グダグダの90分が過ぎた後の、劇的なVゴールでなんとなく良いものを見たような錯覚を思い出す結末で、天皇杯の5回戦は終了しました。

まあ、正直モチベーションを保つのが難しい試合だったことは否めなかったですね。リーグ優勝後で、相手はJ2降格が決まっているアビスパ。
本当にリーグで優勝することに賭けてきましたから、選手達を責めるのは酷なように思います。それはサポも同じだったようで、それはこの日の入場者数が如実に物語っていました。不謹慎かもしれませんが、私もこの試合を観にいくかどうか正直ちょっと躊躇しましたし。

天皇杯の日程の事は、散々言われていることですが、もうそろそろ元旦決勝にこだわる必要は無いのかもしれません。イングランドのFAカップのように、リーグ最終節の次の週にファイナルをもってこれれば、良いと思うのですけど。リーグ最終節までにファイナリストを決めておけば、モチベーションが落ちることも無いでしょう。リーグ終了後でも、決勝でモチベーションが落ちる選手はあまりいないと思いますし。まあ、これ以上レギュラーシーズンの中に、日程を押し込めるかどうか分かりませんが。

対戦相手のアビスパには契約満了の選手が出てたり、監督は辞任済みでコーチが指揮を執っているありさま。こちらもギドが退任ですから、やっぱり難しい状況だなぁというのが、現在の天皇杯の現状です。そういう意味では、契約満了が決まっているのに、ゴールを決め続けたマリッチはやはり偉大だったと思います。

d0044021_23195046.jpg

珍客来場。背中にHYUNDAIって書いてありました。

見慣れないウィンドブレーカーを着た方々が、バスから降りてきました。彼らの目にはこの日の試合はどう映っただろう?
[PR]

by red_kobaton | 2006-12-16 22:20 | 浦和レッズ


<< 太平山(おおひらさん) 栃木県...      寒い夜は >>