2006年 12月 20日
太平山(おおひらさん) 栃木県 その4
d0044021_0265037.jpgd0044021_027296.jpg

謙信平にあるお茶屋街

上杉謙信がここから関東平野を見渡し、その広さに感嘆したといわれる謙信平。晴れていればここからの展望は素晴らしいものがあります。
また、下の平野にポツポツと小山や林があり、それを宮城の松島にたとえて、「陸の松島」と言うとか言わないとか。





d0044021_0325247.jpg

太平山には名物が3つあります。
・だんご
・厚焼き玉子
・焼き鳥
神社に奉納されたお米でだんごを作ったのが太平だんご、神社に奉納された鶏を焼き鳥や卵焼きにしたのが名物の始まりとのことですが、真偽の程は?
私はだんごを買って、愚図っていた妻のご機嫌をとることとしました。時間がたっても軟らかくておいしかったですよ。あんこも甘かったし。

d0044021_0394725.jpg

干してあった大根。漬物にでもするのだろうか?


d0044021_0422369.jpg

<14:40謙信平発>
もう少しのんびりしたかったのですが、時間も時間なので、太平山神社に近いお土産屋の裏手から大中寺へ向かうこととします。

d0044021_048280.jpg

<15:00大中寺着>
下りは落ち葉の下の土や石が滑るので、慎重に歩を進めます。そうこうしている内に、あっという間に大中寺に到着。心地よい疲労感に包まれ、しばらく大中寺の境内をフラフラしました。

d0044021_053942.jpgd0044021_0531910.jpg

大中寺七不思議のひとつ、油坂

大中寺には七不思議というものがあり、それぞれの場所に説明書きがあります。
・東山一口拍子木
・馬首の井戸
・開かずの雪隠(せっちん)
・不断のかまど
・枕返しの間
・根なしの藤
・油坂
全てを説明するのは割愛しますが、由緒あるお寺なので、そういった伝説はいくらでもありそうです。周囲は静かで周辺を散策するだけでも、良いかもしれません。

d0044021_14131.jpg

大中寺参道

今回は久しぶりの山行でしたが、そこそこの傾斜を登ったり、山から山へ歩いたり、神社仏閣を訪ねたりと充実した内容でした。夏は非常に暑くておススメできませんが、春に花が咲く時期や、秋の紅葉、冬の陽だまりハイクなどが楽しめますし、コースも色々あるので変化に富んで面白いと思います。標高の高い山に登る前のトレーニングとしても、ちょうど良い山でしょう。

さて、次はどこの山へ行こうか?
[PR]

by red_kobaton | 2006-12-20 00:26 | 山登り&ハイキング


<< また会う日まで      太平山(おおひらさん) 栃木県... >>