2006年 12月 21日
また会う日まで
アレックスの移籍が決まりました。移籍先はオーストリアのザルツブルグ。
主力選手であるアレックスの移籍は残念ですが、アレックスにも夢があるでしょうし、リーグ優勝の立役者の一人ですから、気持ちよく送り出してあげたいものです。アレックスの年齢を考えると、リーグ優勝した今が最終リミットだったのでしょう。移籍してきた当初、四億円、四億円と言っていてすまんかった。



アレックスといえば奇抜な髪型やっぱり思い起こされるのは、月並みですが2004年CS第2戦でのゴール。
第1戦を0−1で落としていたレッズが、絶対に勝たなければいけない状況で、第2戦は後半半ばまで0−0の均衡した試合。そろそろ焦りが出てくる時間帯に、PA付近でのFKを獲得。アレックスが蹴ったボールは、埼スタに集合したすべてのレッズサポの想いを乗せて、ゴールに吸い込まれていった。あの時は南ゴール裏にいたけど、前後左右見ず知らずの人たちと抱き合って狂喜したなぁ。

数々の歓喜を与えてくれたアレックス。彼の地でも観る者に歓喜を与えられるプレーができるよう、埼玉から祈っています。

それにしても、もう一人一緒に移籍するみたいだけど、幹部候補生としての海外留学か?くれぐれも東欧にいる「師匠」みたいにはならないでくださいね。
[PR]

by red_kobaton | 2006-12-21 09:31 | 浦和レッズ


<< 第86回天皇杯準決勝      太平山(おおひらさん) 栃木県... >>