2006年 12月 29日
第86回天皇杯準決勝
浦和 2-1 鹿島
12/29(金)15:04キックオフ/35,782人/国立
得点者:40' 小野伸二(浦和)、69' 岩政大樹(鹿島)、82' ポンテ(浦和)


d0044021_1984745.jpg

寒風が吹き荒れるこの日、天気は雲ひとつ無い冬晴れの中、国立競技場へ向かいました。
正直リーグ優勝でお腹いっぱいな所もありましたが、選手達の頑張りでセミファイナルに進出したからには、なんとしても今シーズン2つ目のタイトルを!と気持ちを高めて参戦。



d0044021_19193100.jpg

準決勝だというのに寂しい鹿島ゴール裏。あれほどいたサポはどこへ?

今日の試合はまさに伸二day。1点目の技ありゴール、そしてポンテの得点をお膳立てしたワンツーなど、随所にテクニックの高さを見せてくれました。先制点になった、あのキーパーを巻いたシュートなんかは痺れましたね。
今シーズンは怪我が多く(ガラスのエース?)、お世辞にも活躍したとは言いがたかったですが、状態が良いの時の伸二は、我々にフットボールの喜びを与えてくれます。後は継続的に運動量を増やし、攻守ともに中心となってくれれば、復活の時も近いのではないのでしょうか?

d0044021_1105659.jpg

ヤタガラス?襲来。この付近にねぐらがあるのだろうか?

この試合は内舘・細貝・ネネの3バックで臨みましたが、最後のところで体をはった守備が効いていて、見ていてそれほどハラハラしませんでした。細貝やネネに指示を与える内舘が頼もしい。ここまで来られたのも、力のある選手達が控えていたのも大きいと思います。

d0044021_1435024.jpg

摩天楼は紅色に

鹿島にはもう往年の強さは感じませんでした。少々寂しい気もしますが、一時代の終焉を感じずにはいられません。鹿島は終始攻め込んでいるつもりだったのでしょうが、横にパスはつながれど、肝心の縦にパスがつながらず、うまく浦和にボールを持たされていましたね。
また、FWがアレではまったく怖さは感じず。得点を取る気がないFWが先発では、今後も鹿島は勝ちきれないでしょうね。

d0044021_137464.jpg

この日は遠く富士山まで見渡せた

これで2年連続国立で元日を迎えることが出来ます。来年のスケジュールを考えると、ちょっときついものがありますが、ここまできたらリーグ戦で悔しい思いをした選手達とともに、またギドを快く送り出すために、なんとしても2冠目のタイトルを手にしてほしいものです。
でも、その前に決勝のチケットが無いんだよなぁ・・・・・・。
[PR]

by red_kobaton | 2006-12-29 19:00 | 浦和レッズ


<< 捨てる神あれば、拾う神あり      また会う日まで >>