2005年 06月 03日
さいたまダービー前夜の妄想
明日はナビスコカップ予選リーグ第5節、対大宮アルディージャ戦だ。いわゆる「ダービー」。しかし、今年J1に上がったばかりのクラブに対して、レッズサポ的にはライバル意識というのはまだないように思う。どちらかと言えば、親しみのある隣人といったところか。

我々が生息している埼スタ南ゴール裏では、アルディージャがJ2の時に、試合結果がオーロラビジョンに映しだされると、周りの人は比較的アルディージャに好意的だったように思う。勝っていると「おぉー!」、負けていれば「あぁ~(溜息)」という反応。我々もテレビ埼玉の「GGR」が終わった後たまに「Ole アルディージャ」を観たりして、気になってはいた。レッズに在籍した選手の活躍も気になったし。

しかし、現在はJ1という同じ舞台にいる両クラブ。残念?ながら、サポーターの数は圧倒的にレッズ>アルディージャだが、私の願望は先方に頑張ってもらい、10年後ぐらいにはミラン・インテル、ローマ・ラッィオのようにさいたま市、または埼玉県を二分する存在になって欲しい。旦那がレッズ、奥さんがアルディージャサポで、子供をどっちのサポにするか駆引きしている家庭が増えたらと考えるだけで、とても愉しい気分になってくる。

もちろん、さいたまの盟主はレッズで譲れないから、アルディージャには現在のインテルのように、引き立て役になってもらおう!

(乙)
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-06-03 23:37 | 浦和レッズ


<< あれこれびっくり!~ナビスコ杯...      出稼ぎツアー 浦和レッズvsハ... >>