カテゴリ:日本代表( 22 )

2006年 11月 15日
AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
19:10キックオフ/札幌ドーム/40,965人
日本代表 3-1 サウジアラビア代表
得点者:'20田中マルクス闘莉王(日本)、'29我那覇和樹(日本)、'33 ヤセル・アルカフタニ(サウジアラビア)、'50我那覇和樹(日本)


今日も後半からTV観戦。レッズから召集された闘莉王・アレックス・啓太は先発。
しかし、途中から画面に出っ放しだった津波情報が気になって、試合内容はあまり覚えてません。
後半半ばに「山岸が交代で入ります。」というレポートが入ったので、ギシが川口と交代か?と一瞬思ったのですが、
ジェフの山岸でしたorz
まあ、公式戦でアクシデントがない限り、GKは代えないよねぇ。
川口も悪くはないと思いますが、ワールドカップでのプレーを見るまでもなく、時々ポカをやらかすので、
安定感のあるギシの方が良いと思います。レッズサポの身内びいきもありますが。
オシム爺さん、ギシにもチャンスを与えて下さい!

終了間際にPKをゲットした時、ペナルティエリア内に闘莉王が映ったので、まさかとは思いましたが、
やっぱりPK蹴ってました。思いっきり外しましたけど。でもこういった自分で決めてやるというメンタリティーが、
日本の攻撃陣には足りないと思います。いっそのこと闘莉王をFWで起用したほうが、よっぽど点が入りそうです。
巻より点取りそうでしょ

何にしても、首位通過おめでとうございます。
[PR]

by red_kobaton | 2006-11-15 23:58 | 日本代表
2006年 10月 11日
AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
21:10キックオフ(日本時間)/インド・バンガロール
日本代表 3-0 インド代表
得点者:'23 播戸 竜二(日本代表)、'44 播戸 竜二(日本代表)、'82 中村 憲剛(日本代表)


正直な感想を言うと、とてもじれったい試合でした。スコア上は完勝でしたけど。
この日の日本代表は、以前どっかで見たことあるチームだなと感じていましたが、そういえば、人間力のオリンピック代表と、オーバーコーチング大熊サンが率いていたユース代表そっくりでしたね。ボールが落ち着かないという点が。

ボールが落ち着かなかった原因に、デコボコのグランドがあったとは思いますが、選手たちは普段のJリーグでありえないトラップミスを連発してました。ひどいグランドコンディションを差し引いても、プロとしてちょっといただけなかったと思います。

この試合で不可思議だったのは、本職がボランチの選手が先発で4人、途中長谷部も入ってきて、後半はなんと5人がピッチに立っておりました。しかも、水本の負傷で啓太はリベロに入っているし。啓太は無難にこなしていたので、それはそれで驚きましたけど。

オシムさんはこの試合をテストと割り切っていたと思いますが、本職のDFの選択が坪井・闘莉王・水本しかないってことは、ほかに人材がいないと考えているのですかね?その点が今後も気になります。

確かに代表経験がほとんどない選手で、現代表は構成されています。しかし、国際試合の経験が足りないと言えばそのとおりですが、選手たちは所属クラブでは中核を担っているわけですし、それなりに試合数もこなしているはずです。そういった経験や技術をグランドで表現できないのが、なんとももどかしいというのが正直なところです。

この日のもっとも印象に残ったのは・・・・
[PR]

by red_kobaton | 2006-10-11 15:25 | 日本代表
2006年 10月 04日
KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006
19:21/日産ス/52,437人
日本代表 0-1 ガーナ代表 得点者:73' ドラマン・ハミヌ


行きたかったと言えば行きたかったが、横浜開催でやっぱり行くのをやめたこの試合。
結局後半途中からTV観戦となりました。

ガーナはワールドカップ初出場でしたが、高いディフェンスラインとテクニック、
そして組織的な攻撃と守備で我々を楽しませてくれたチーム。
エッシェンやアッピアーも来てくれて、アフリカのチームとしては、珍しく誠意を持って来日してくれました。

続きを読む
[PR]

by red_kobaton | 2006-10-04 00:06 | 日本代表
2006年 09月 04日
AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
9月3日20:30キックオフ(現地時間)サウジアラビア・ジェッダ
日本代表 0-1 サウジアラビア代表
得点者:73' アルドサリ(サウジアラビア代表)


日本時間で月曜の午前02:30?キックオフと言う、社会人には非常に酷な時間帯のTV放送なので、早々に寝てしまいました。
ですので、TVのダイジェストとネットで拾った情報からいくつか思ったことを。

試合の結果は、チャンスを作りながらも敗戦(´・ω・`)

ニュースのダイジェストを見る限り、結構チャンスはあったようですが、達也が二回ほど決定的なシュートを外していたなぁ~。決めなきゃ、あれは。
他にも何回かあった決定機を決められない所が、日本の現状を物語っているような気がします。

ネットで試合を追ってたら、途中から啓太のワンボランチだったみたいで、啓太が過労死しないかマジで心配・・・・・・。

次のイエメン戦も過酷な環境ですが、ホント選手達がかわいそうなぐらい、ひどい日程だとつくづく思いました。

そう言えば新潟でのイエメン戦と同様に、Most 無能コーチ大熊サンの声が、イスラム教本家の地で、アザーン(イスラム教の礼拝への呼びかけ)よりも高らかに響いていたみたいです。
仮にもA代表なんだから、いい加減コイツのオーバーコーチングには辟易します。
選手が主体的に考えながら走るが、この代表のモットーじゃなかったの?
[PR]

by red_kobaton | 2006-09-04 00:32 | 日本代表
2006年 08月 16日
アジアカップ2007予選
8月16日(水)19:20/新潟ス/40,913人
日本代表 2-0 イエメン代表
得点者:'70 阿部勇樹、'91+佐藤寿人


45とか55とか、およそフットボールのゲームとは思えない背番号がズラリと並ぶ日本代表。
アジアカップの予選ということで、れっきとした公式戦なのだが、ほとんどぶっつけ本番のメンバーで臨んだ。

日本はほとんど一方的に押し込んでいたが、前代表を彷彿とさせるグダグダな内容。
まあ、アレだけ引きこもった相手に点を取るのは難しいと思いますが、何度か掴んだ決定機をはずしたのが、苦戦した原因でしょう。

後半JEFの羽生が入って攻撃が活性化し、CKから阿部のヘッドでようやく一点。
終了間際のFKをイエメンのGKがファンブルしたボールを、佐藤寿が押し込んで二点目。
ホームでキッチリ勝ち点3を取るという最低限のノルマは達成した。

まあ、過密日程の中、練習時間もなかなか取れない訳で、オシム監督が目指すフットボールなど出来るわけもなく、内容はそれほど悲観するものではないでしょう。

それにしても、達也や羽生のようにドリブルで仕掛けていける選手がいると、攻撃にアクセントが加わって良いですね。
前政権のFWは、ボールを持ったら自分で仕掛ける前にパスコース探しているし、MFはパス出し地蔵ばかりでしたから、
バイタルエリアで意味のない横パスが多く、得点につながりそうありませんでした。

また、闘莉王はレッズの時と一緒で、FWかと思うほど上がりまくりでしたね。
お父さんが来日していたようなので、張り切っていたようです。
ちょっと上がりすぎじゃない?とは思いましたが、相手はほとんど攻めてこないし、
普段通りに啓太がキッチリDFラインに入っていたので、無問題だったかもしれません。

思考停止した前代表監督のおかげで、若いメンバーの底上げができなかったので、
ゼロからの出発となってしまった日本代表。
チームとしての連動性が出てくるまでに、まだまだ時間がかかりそうです。
あの目立ちたがり屋が、また余計な事をしなければ良いですが・・・・・。
[PR]

by red_kobaton | 2006-08-16 23:21 | 日本代表
2006年 08月 09日
KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006
19:20/国立/47,482人
日本代表 2-0 トリニダード・トバゴ代表
得点者:17' 三都主アレサンドロ、22' 三都主アレサンドロ


定年退職した元上司からメールが入った。
「いよいよオシムJPがスタートしますね!」
フットボール嫌いの人だったのだが、この日の試合は結構世間の注目を集めていたようだ。

今日は後半からTV観戦だったのですが、すでにアレックスの2点でリード。
先発メンバーを見ると、山瀬も含めてレッズの選手達がほとんど。
なんか、隔世の感がありますな~。
それにしても、我々は馴染みのあるメンバーですが、普段Jリーグを観ない人たちには、
「この人だれ?」っていう選手ばかり。
まあ、前任者がほとんど思考停止していたので、チャンスを与えられなかったわけですが、
一度は代表でプレーして欲しかった選手達でしたけどね。

後半と言うこともあって、全体的に足が止まってきていましたが、
3日間しか一緒に練習していないとは思えないほど、目の覚めるようなパスワークがあったり、
守備も決定的なシーンをほとんど、つくらせなかったように思います。

今後、メンバーが入れ替わっていくとおもいますが、最終的にどのような選手が残っていくのか、
そしてどのようなフットボールを魅せてくれるのか、最後まで興味をもてそうな初陣でした。
もう召集されることがないと思われる選手が分かってしまったのもありますが・・・・・。

後半雨が降ってきた時に、スタンドには赤いポンチョがチラホラ。
結構レッズサポも観に言ってたんだなぁ~。正直私も観に行きたかった・・・・・。
こんな気持ちになったのは、何年ぶり?
[PR]

by red_kobaton | 2006-08-09 01:21 | 日本代表
2006年 08月 05日
浦和代表?
新生日本代表発表


延期されていた代表の発表がありました。
Jリーグを観てきた者からすると、人気者スターをずらりと並べた前任者のメンバーと比べ、
概ねこれぞ俺達の代表といったメンバーが招集されたように思います。
要はJリーグでコンスタントに活躍していた選手が、だいたい招集されたということ。

そして、我らが浦和レッズからは7人も選出されました!
代表との兼ね合いで過密日程が懸念されるところですが、
まずはおめでとう!と言っておきます。
みんな代表に定着できるように頑張ってほしい。

特に初選出の山岸、闘莉王、啓太はレッズでの活躍をみていれば、
どこに出しても恥ずかしくない選手達であることは、我々が良く知っています。
気後れせずにガンガンやってほしい。

それにしても、オシムさんは協会に対して一歩も引かないですね。
いきなり13人しか選ばずに、強化日程を強烈に批判したり、
メンバーもスポンサーの思惑に左右されないぞという意思表示をいきなり炸裂させました。

オシムさんも神様ではありませんから、日本選手の実力がいきなり上がる事はありませんので、
過剰な期待は禁物です。しかし、日本のフットボールを正しい方向へ導いてくれるのではないかと私は期待しています。

そういえば、山○も選ばれていたのか。もう怪我は治ったのかな?

GK:
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

DF:
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF:
田中隼磨(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(浦和)
小林大悟(大宮)

FW:
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)

追加召集
DF栗原勇蔵(横浜FM)
MF中村直志(名古屋)
MF鈴木啓太(浦和)
MF山瀬功治(横浜FM)
FW坂田大輔(横浜M)
[PR]

by red_kobaton | 2006-08-05 01:25 | 日本代表
2006年 06月 18日
FIFAワールドカップTM グループF
15:00(日本時間 同日22:00)/ドイツ・ニュルンベルク
日本代表 0 - 0 クロアチア代表


d0044021_047462.jpg

The Pride of URAWA

勝てなかったのか?負けなかったのか?
いや、勝たなければいけなかったと思う。

グループリーグ最終戦で、ブラジルとガチの試合をしなければならなくなったが、
最高の舞台で気持ちの入った試合を見せてほしいと思う。

それにしても、試合終了後喜んでた女がTVに映ったが、
非常に情けない気持ちになった。
[PR]

by red_kobaton | 2006-06-18 00:47 | 日本代表
2006年 06月 17日
打て!
ジーコが監督になってから、いつも一歩引いて代表をみていましたが、
無様に負けるとやっぱり悔しいものです。

普段レッズを通してJリーグを観ている者として、この前のオーストラリア戦は、Jリーグそのものが負けたような気がして、結果は受け入れがたいものでした。
なんたって、現代表はJリーガーもしくはJリーグ出身者で構成されているわけですからね。

「むだなシュートなんて、一本もない。」
カントナ大先生がおっしゃるように、勇気を持ってシュートを打ってほしい。


打て!
[PR]

by red_kobaton | 2006-06-17 14:56 | 日本代表
2006年 06月 12日
2006 FIFAワールドカップTM
日本代表 1 -3 オーストラリア代表
得点者:'26 中村 俊輔(日本)、'84 ティム・ケイヒル(オーストラリア)、'89 ティム・ケイヒル(オーストラリア)、'92+ ジョン・アロイジ(オーストラリア)


d0044021_1591175.jpg

オーストラリアを食うはずが・・・・・。

最悪の試合。う~ん、それ以外に適当な言葉が見つかりません。
試合内容からすれば、妥当な結果だったかもしれませんが、悔しすぎです。
何度かあったチャンスをものに出来ないと、罰が下るんですね。

それにしても、終盤に伸二が入ってきましたが、その意図が良く分からなかったですね。
あそこはへばっていたFWを代えて、大黒や玉田に前線からボールを追わせるか、
削られて戦意喪失気味の中村を代えて、稲本か遠藤にDFラインの前を守らせた方が良かったのではないか?
まあ、結果論ですが。

ジーコの悪運が早くも尽きようとしているみたいです。

さて、この結果を受けて、今まで神様・ジーコ様・自由万歳!と大本営発表していたマスコミは、手のひら返してバッシングするのだろうか?

あ~気が立って、眠れねー!!!
[PR]

by red_kobaton | 2006-06-12 02:20 | 日本代表