<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 30日
一夜明けて・・・・・・。
10月30日 J1第29節 浦和レッズ3-2川崎フロンターレ

d0044021_22373129.jpgd0044021_22374298.jpg

優勝のためには負けられない戦いが続く浦和レッズ。ホーム埼玉スタジアムに、連勝中の川崎を迎えての大切な一戦なのだが、スタジアムの入りは寂しい(入場者数37,593人は今節最高だが)もの。アッパーはがらがらでした。

試合は懸念していたとおり、家本主審が開始11分で3枚のイエローカードを惜しげもなく乱発。以降、意味不明のジャッジ、イエローカード乱舞で、見事予想通りに試合をぶち壊してくれました。

しかし、審判のご乱心は別としても、この日のレッズはあまり良い出来ではなかった。一点目の意味不明のPK、2点目は相手のクリアーミスをアレが蹴りこんでのラッキーな得点。それ以外の攻撃は連動性がなく、どっかの代表みたいに、ボールを持ったら出しどころを探しているうちに、川崎のプレスの餌食となって逆襲をくらう。都築が3度ほど決定機を止めてくれなかったら、結果は違ったものになったかもしれない。

d0044021_0121445.jpg

結果的に2点を返され同点となるも、後半ポンテのクロスから、闘莉王がヘディングで勝ち越し点を押し込む。闘莉王は達也と並びチーム得点王(笑)。試合前は攻め上がり封印とか言っていたが、今日もいつもどおりガンガン上がっていて、観ているほうは冷や冷やもの。さすがにリードした後は自重していたが。

結果は不幸な川崎の3点目取り消しにも助けられ、何とか勝ち点3をゲット。平川の負傷、都築の次節出場停止という犠牲を払って、何とか優勝戦線に踏みとどまりました。いよいよ次節はG大阪との直接対決。まだまだ最後までわかりません。

d0044021_0451488.jpg

それにしても、川崎のジュニーニョは良い選手でしたね。エメとタイプが似ていますが、一人でこねくり回すことがない分、ある意味エメより怖い存在かも知れません。あの坪井をスピードで振り切ったのは驚きでした。来期は浦和に来てくれないかなと、一瞬だけ思ってしまった私は、不謹慎でしょうか?

追記:負け組みの嘆き。
白状してしまうと、今日はTVで初めて、「瓦斯」を応援してしまうという屈辱(笑)を味わいました。おかげで、G大阪まで勝ち点差4まで迫ることが出来、また長居でC大阪と鹿島が引き分けたので3位浮上。レッズサポの望んだとおりになり、これで俄然、次節のG大阪との直接対決が今季の大一番となってきそうです。あぁ~万博行きてぇー。でも、チケットないし。(´・ω・`)ショボーン。
[PR]

by red_kobaton | 2005-10-30 22:38 | 浦和レッズ
2005年 10月 29日
乱心
10月29日(土) 2005 J1リーグ戦 第29節

浦和 3 - 2 川崎F (15:35/埼玉/37,593人)
得点者:'8 三都主アレサンドロ(浦和)、'34 三都主アレサンドロ(浦和)、'37 ジュニーニョ(川崎F)、'44 マルクス(川崎F)、'76 田中マルクス闘莉王(浦和)


d0044021_1575249.jpgd0044021_158488.jpg
秋の装いの埼スタ周辺だが、ピッチの上は熱く・・・・・。

・良かった点:勝ち点3を取れたこと。

・悪かった点:好試合を家本に奪われたこと。
d0044021_218179.jpg

期待に違わぬ活躍だったよ、家本サン。川崎の機能美に浦和がどう立ち向かうか楽しみだったのに、勝ち点3を得たのに、何か後味の悪い気分だよ。
分かっているとは思うけど、主役はあくまで選手と観客であって、主審ではないはず。

「お~い、山田君。家本サンに赤紙出しといて~。」

ということで、詳細は明日・・・・・・。
[PR]

by red_kobaton | 2005-10-29 01:50 | 浦和レッズ
2005年 10月 25日
あの人は今
10月25日 がんばれロボ


あの池田学がいつのまにか社会人に。屈辱のJ2降格の試合で、大将の世界一悲しいゴールの後、嬉しそうに抱きついた姿がいまだに脳裏から離れませんw

新しいチャレンジで、様々な困難に直面することもあると思いますが、持ち前のガッツと明るさでがんばれ、ロボ!

そして、衝撃のデビュー戦のような復活が待たれるこの人も。結構楽しそうだな。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-25 00:35 | 浦和レッズ
2005年 10月 24日
困ったときのレッズ頼み
10月24日 SOCCERZ 12月号発売


またレッズ特集だそうで。零細サッカー誌にとっては、レッズサポはよっぽどおいしいマーケットなのでしょうか?まあ、私も今まで発行されたSOCCERZのレッズ特集は、全部買ってしまいましたが(笑)。アルパイのインタビューや、クラブ経営について書かれているようなので、今回は内容を吟味してから、買うかどうか決めたいと思います。

そういえば、私はサッカー雑誌をすっかり買わなくなってしまいましたね。以前は老舗のマガジンかダイジェストは毎週、Numberもサッカー記事がメインの時は必ず買っていたのですが、最近ではさっぱりです。老舗誌は代表か海外組、または海外サッカーの特集ばかり。Numberにいたっては、スターのインタビュー記事がほとんどになって(所属事務所から検閲が入るらしい)、すっかりつまんなくなってしまい、買う気がおきません。

まあ、商業誌なので売れる記事を前面にもって来るのは、仕方のないことかもしれません。それにしても、国内(Jリーグ)が疎か過ぎないか?

最後にマニアックな雑誌を紹介します。月刊GOALという雑誌で、海外のクラブがメインなのですが、一つのクラブを掘り下げて取材してあるので、読み物として面白いと思います。マラドーナがいたナポリの現在や、かつてグランデ(偉大な)と呼ばれたインテルが何故最近優勝できないのかなど、大手誌で扱わないネタ満載。フットボールの原点はクラブにあるという姿勢が伝わってきて、好感が持てます。売っている所が限られるようですが、機会があれば是非一度手にとって見てください。エスパルスが絡んでいるのが気になりますが・・・・・・・。
[PR]

by red_kobaton | 2005-10-24 23:35 | 浦和レッズ
2005年 10月 22日
2005 J1リーグ戦 第28節 大宮アルディージャvs浦和レッズ
大宮 1 - 3 浦和 (15:05/埼玉/30,038人)

得点者:'3 三都主アレサンドロ(浦和)、'7 桜井直人(大宮)、'53 田中マルクス闘莉王(浦和)、'69 マリッチ(浦和)

d0044021_21304412.jpg

相変わらず寂しい大宮ゴール裏

「さいたまダービー」とマスコミが煽るほど、白々しくなる大宮戦ですが、この日もアッパー封鎖。大宮はがんばったほうとしても、レッズサポはもっと来ても良かったのではないか・・・・・・。

試合はアレのFK、CKから闘莉王のヘッド、そしてマリッチが相手をかわしてのシュートが決まり、順位どおりに勝利しました。桜井の得点だけは余計でしたが。桜井もレッズ戦だけでなく、他の試合でも気合を入れていれば、大宮もここまで追い詰められなかったんじゃないの?FWなのに、トニーニョと同じ得点数だよ。せっかく点を取って、レッズサポの目の前で「だまれ」ポーズをとったのに、ピエロで終わってしまいマスタ。

d0044021_21513775.jpg

アルディ&コバトンの入場

それにしても、マリッチがようやくフィットして来ましたね。この日はヘディングは競り勝ち、ポストプレーではタメを作り、仕上げは3点目の振り向きざまのシュート。エメみたいにバンバンシュートを打つわけではありませんが、打つと確実に入るような気がします。残り試合も頼んだぜ、トミー!トミーといえば、「トミーと松」を思い浮かべるのは、私だけでしょうか?

d0044021_2271992.jpg

試合後の埼スタ

先行してやっていた試合で、大分がG大阪を破って勝ち点差7。しかも、ツネ様が重症だとか。この分ではまだまだ最終節まで分かりません。次は波に乗っている川崎が相手です。前回は何とか同点に追いつきましたが、あの3トップ(ジュニーニョ・我那覇・マルクスの連携は美しい)はなかなか強力なので、気を抜けません。ここはまた一戦必勝でお願いします。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-22 21:26 | 浦和レッズ
2005年 10月 16日
振り返って
10月16日 柏レイソル戦雑感


達也の怪我は、昨日の爆勝がかすんでしまうほど、ショッキングな出来事でした。達也の一日も早い復帰を祈っております。
それにしても、公式HPの本人コメントに、
「柏レイソルと土屋選手への誹謗中傷はおやめくださいますよう合わせてお願い致します。」
とありますが、相当数のレッズサポが電話・メール等で抗議したのでしょうか?確かに悪質なタックルで、怒り狂う気持ちは分かりますが、そんなことをしても達也本人が心を痛めるのでは・・・・・・・。

昨日は大量得点という結果は置いておいて、人とボールが良く動き、見ていて気持ち良い試合でした。

やっぱり永井は右サイドに固定したほうが生き生きとしていますね。玉田にボールが渡った決定的な場面では、ゴールラインまで戻ってブロック(ギドが賞賛していた)。そして、長い距離を走って永井→達也→ポンテとつながる先制点、マリッチのヘディングシュートのお膳立てをしました。クロスの精度も山田より上なんじゃないかな。次の試合は、永井がFWに入る可能性が高いですが、達也が今季絶望の今、9番の奮起を期待したい。

そしてマリッチも良かったですね。最終的に相手が2人退場したのを割り引いても、ようやくフィットしてきたのかなと思います。前線でこねくり回さず、簡単にボールを散らしていたので、相手DFも的を絞りずらかったでしょう。良い形でボールを供給すれば、必ず決めてくれそうです。

次の相手は、前回ホームで煮え湯を飲まされた大宮アルディージャ。降格圏内でもがいているだけに、油断は出来ません。上のことは考えず、まずは一戦必勝でいきましょう。

試合後のインタビューの一コマ
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-16 23:10 | 浦和レッズ
2005年 10月 15日
勝っても嬉しくない
d0044021_22294033.jpg
公式を開いたら、ちょうど達也だったよ・・・orz

削った柏のDFも青ざめているように見えました。(チケ無し・TV観戦)
トミーのインタビューも泣けた・・・
一日も早い回復を心から願ってやみません。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-15 22:31 | 浦和レッズ
2005年 10月 11日
続投?
10月11日 社長ギド続投発言


d0044021_0405468.jpg

写真は本文とは関係ありません。

どうやら来年も指揮を執ってくれるらしい。これが本当なら、個人的には嬉しいですね。まだシーズンが終わったわけでもなく、かなり難しいですが、優勝の可能性も残っているので、チームのモチベーションを下げるような事は避けなければならないですし、今年はギドに気の毒なほどいろいろなことがありすぎました。

大きな出来事をあげると、
1、再始動氏の煮え切らなさによる補強の遅れ。
2、アルパイの不幸な退場連発&退団。
3、得点王エメの遅刻騒動&不調&金満国への移籍。

あと、闘莉王・ネネの度重なる怪我による日替わりDFラインも、結構痛かったですよね。

来年のことはさておき、ギドには残り試合を攻撃的に、そして闘う集団にチームをまとめあげ、目の前の試合を一戦必勝で臨んで欲しい。

C大阪戦のように、ベンチにへたり込んでいるのではなく、ピッチ上で選手を鼓舞したり、審判に食ってかかるギドが見たいのですよ、私は。

リードしているときに、腕時計を指して試合終了をアピールするギドの姿が、結構好きだったりします。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-11 00:37 | 浦和レッズ
2005年 10月 10日
高円宮杯第16回全日本ユース選手権
東京Vユース4-1コンサドーレ札幌ユース

d0044021_2318766.jpgd0044021_2317881.jpg

左ヴェルディサポ、右コンササポ

中断期間を利用して埼スタへ行ってきました。クラブチーム・高校のユース年代日本一を決める高円宮杯決勝です。わが浦和レッズユースは、残念ながら決勝トーナメント1回戦で敗退。決勝に進出したのは、トップチームが不甲斐ないヴェルディとコンサドーレのクラブチーム同士。そう言えばセルヒオやヴェルディの森本は、まだこの年代の選手なんですよね。

Jリーグさながら、ヴェルディは元々ですが数は少ないですがそれぞれのサポーターが、熱い応援を繰り広げておりました。

d0044021_2332468.jpg

パスをつないで攻めるヴェルディと、しっかり守ってカウンターのコンサドーレ。それぞれの持ち味を出した展開。前半はお互い決め手なく無得点で後半へ。後半はコンサドーレが右サイドからのクロスがこぼれた所に詰めて先制するも、すぐにヴェルディがサイドからの攻撃で同点に。その後はヴェルディがミスをついたりして得点を重ね、結局4-1とスコアが開いてしまいました。

d0044021_23522056.jpgd0044021_23534740.jpg

それぞれの選手・関係者・サポーターの皆さん、おめでとうございます。

ユースの試合は初めて観たのですが、両チームともポゼッション、カウンターとスタイルの違いはあれ、むやみに前へボールを蹴るのではなく、きちんとつないでいこうとする姿勢は共感がもてましたね。一概には言えないのかも知れませんが、高校サッカー選手権で勝ち上がってくるチームは、ラグビーさながらにハイパント攻撃の体力ごり押しチームが多いのに、辟易していましたので。勝つにはリスクが少なくて手っ取り早いのでしょうが。

d0044021_0185865.jpg

早熟の天才 菊原志郎氏 現ヴェルディユースコーチ

願わくば、来年この舞台に我がレッズユースが勝ち上がって来れますように。高校選手権で埼玉の代表を応援するのとは、当然ながら力の入り方が全然ちがいますよ。ヴェルディやコンサのサポを見ていて、かなりうらやましかったな~。
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-10 23:18
2005年 10月 08日
欧州遠征 ラトビアvs日本
ラトビア2-2日本代表

幸先良く2点を先取しましたが、後半グダグダになって同点に追いつかれる。収穫があったのかなかったのか、良くわからん試合でしたね。次は勢いのあるウクライナが相手です。あのシェフチェンコを、本大会で見ることはないであろう4バックがどう抑えるか、そしてレッズから選ばれた選手の活躍は?興味は尽きません。

それにしても、テロ朝の中継はひどいですな。終了間際に中田浩二が相手にエンジェルパスを渡して失点したシーン。点を取られた後、カメラが坪井を映していたが、お茶の間に晒す相手が違うだろ!

そしてお約束の角澤&松木の絶叫中継。二人とも実況・解説になっていないので、聞くに堪えません。決意のヨーロッパ遠征って、何を決意すんの?
まだ、湯浅タソの一人トークの方が面白いかも。「この試合はコンテンツがてんこ盛りです。」とか言って・・・・・
[PR]

by Red_Kobaton | 2005-10-08 11:41 | 日本代表