2006年 02月 27日
またもや
スキン変えてみました!
シンプルにRosso・Bianco・Neroだよ~。
冬眠していましたが、そろそろ起きないとね。
気分一新してみました。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-27 16:40
2006年 02月 26日
ちょっとしたドライブ
2月26日 MDPをもとめて50キロ


d0044021_2322439.jpg

シーズンの到来を告げるMDP増刊号

来週からリーグ戦が始まる前に、滑り納めでも行こうかと考えていたのですが、山沿いでも雨という予報に負けて予定を変更。まだMDPの増刊号を手に入れていなかったので、手に入れるべく埼玉県内を徘徊。他にやることないのかというツッコミはなしでお願いします(笑)。

最初は公式HPに載っていた配布場所で、我が家から一番近い与野フードの戸塚安行駅店へ。できたばかりなのか非常にきれいな店舗で、今流行りの食品スーパーでした。よもやなくなることは無いだろうとタカをくくっておりましたが、まさかの配布終了。雨の中わざわざ来たのにガッカリ。他のものを物色しておりましたら、なにやら聞き覚えのある曲が。その曲は「First Impressions」。久しぶりに聞いたので嬉しくなった反面、食品スーパーには似つかわしくないような・・・・・・。まあ、応援していただけるだけでもありがたいのですが。

d0044021_23461116.jpgd0044021_23503071.jpg

ついでに買ってしまった歴代ユニフォームストラップ

気を取り直してスポーツオーソリティ川口店へ。ここにはまだ余裕があるようで無事ゲット。色々なレッズグッズが売っておりましたが、まだ手に入れたことが無い、ユニフォームストラップを購入。写真のように、2004年のアウェイユニでした。
それにしても、このお店が入っている「ダイヤモンドシティショッピングセンター」は日曜日ということもあり、非常に混みあっておりましたね。あまり店内は徘徊しなかったのですが、色々なお店があって面白そうですね。うちの近くにもあればな~。なんせ、私の住んでいる街には、ドトールすらありませんから。

まあ、無事MDPも手に入れたことで戦闘準備完了。開幕が待ち遠しい。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-26 23:28 | 浦和レッズ
2006年 02月 25日
You are King of Kings?
2月25日(土) 2006 ゼロックススーパーカップ

G大阪 1 - 3 浦和 (13:37/国立/35,674人)
得点者:'2 オウンゴ-ル(G大阪)、'9 堀之内聖(浦和)、'17 ワシントン(浦和)、'51 ポンテ(浦和)

チケットが手に入らなかったので、我々は家でテレビ観戦というていたらく。しかもぽかぽか陽気に誘われて、うつらうつらと観ていて、気がついたら外が真っ暗orz。細かい戦評は書けません。坪井のナイスゴールは覚えていましたが(笑)。

それにしても、ギドは代表組を惜しげもなく出していましたが、代表の欧州遠征もあるのに大丈夫なのか?まあ、チームとして機能させるのにまったく時間がないのもあるが、ガンバがあからさまに選手を温存して開幕戦に備えていたので、ちょっと心配になります。まあ、彼らも代表組をフィットさせる時間がないのは同じなので、双方の開幕戦の先発メンバーがどうなるか、楽しみではあります。

あと、ちょっとやりすぎじゃないの?商売としては正しいのかもしれないが。あと、巨人マンセーテレビ日テレともども真の王者決定戦とか言うのやめなさい。チャンピオンはあくまでリーグ王者であり、天皇杯の優勝チームは「カップウィナー」ですから。まあ、プレシーズンマッチと言えないのはわかるけどw
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-25 22:45 | 浦和レッズ
2006年 02月 24日
祝 金メダル!!
荒川静香 圧倒的な滑りで世界を制す


いや~すばらしかった、荒川選手。その一言に尽きます。まさに自分の持ち味を見事に演じきり、金メダルを獲得しました。おめでとうございます。

早朝の放映にあわせて前の晩早々に寝たのですが、私がフィギュアを楽しみにしているのを知っている連れの妨害にあい、ほとんど寝ていない中でのテレビ観戦。究極の緊張感が漂うリンクの空気を感じて、最終組の滑走時にはすっかり目が覚めておりました。

それにしても、百戦錬磨のコーエン、スルツカヤがともにまさかの転倒。これがオリンピックの怖さか。SP時の彼女達の演技が完璧だったため、荒川か村主どちらかがメダルを獲得できればと、弱気な考えでおりましたが、米露の名手達を押さえて荒川が堂々の一位。彼女がこだわっていたイナバウアーもしっかりと決まり、文句なしの金メダルでした。

個人的には、村主がもっとも観客を惹きこんでいたという点で、もう少し得点が伸びても良かったのではないかと思いますが、新採点法により得点が伸びない理由を、解説の佐藤由香さんが説明していたので、なるほどとは思いましたが・・・・・・。

ところで、三人娘の報道ですっかり忘れていましたが、今回の五輪に浅田真央が出ていたら、いったい、どうなっていたのだろうか?
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-24 22:09 | 日記
2006年 02月 22日
代表初ゴール?
2月22日 AFC アジアカップ2007 予選大会


2月22日(水)19:20/日産/ 38,025人
日本代表 6-0 インド代表

長谷部の代表初ゴールかと思われましたが、巻に持っていかれました。とほほ。
まあ、相手が相手でしたが、長谷部が結構スルーパスを連発。実質的にゴールもしたので、ジーコにアピールできたのでは?

今度は是非、強豪国との試合で長谷部のプレーを見てみたいものですが、海外組と国内組の序列上位選手達の壁はまだまだ厚いでしょう。めげることなく、彼には上を目指して欲しいものです。

それにしても、ジーコはどうしてしまったのでしょう?以前は頑なにメンバーを変えずにいたのに、このところ色々な選手にチャンスを与えています。純粋に新戦力を発掘したいのか、意中の選手達に危機感を植え付けるためなのか、凡人には分からない思考回路のようです。

話は変わりますが、最近すっかりにわかファンとなってしてしまい、トリノオリンピックの女子フィギュアSPを、根性で起きて見ておりました。おかげで今日は一日ボロボロ(笑)。

日本選手は3人とも持ち味を出していたと思います。荒川の技術と存在感。村主の表現力。安藤はちょっとミスがでましたが、何とか8位につけています。フリーでも悔いなく思いっきり滑って欲しいですね。もちろん早起きして見ますので。

フィギュアは良く分からないのですが、同じような技を織り交ぜて滑走しているにもかかわらず、選手達の個性が出ていて面白いですね。優勝候補のスルツカヤ(露)や、コーエン(米)もすばらしかったし、日本では報道されていなかったグルジアの選手も良かった。

それにしても、NHKアナウンサーのいちファン並みの問いかけを、華麗にスルーしていた解説の佐藤由香さんには笑いました。

明日未明にはCLもあるし、あ~眠れない夜は続く。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-22 22:28 | 日本代表
2006年 02月 21日
スタメン!!
2月21日 長谷部がスタメンに


明日のアジアカップ予選のインド戦ですが、長谷部が4-4-2の攻撃的MFで出場するようですね。

今まで年代別の代表監督達が無能なので選出しなかったため、いきなりのA代表入りでしたが、彼の能力は我々レッズサポが一番良く知っております。ジーコの代表の中では序列最後尾ですが、臆せずガンガン攻撃に絡んで欲しいですね。そして、パスだけに満足せずシュートでもアピールを!

そう言えばトリノオリンピックが佳境に入ってきました。今夜(明日未明)はいよいよ女子フィギュアのショートプログラムですが、チャンピオンリーグと重なって、どっちを観るか悩むところ。それ以前に起きれたら良いですがw

それにしても、テレビ局がそれぞれトリノオリンピックのテーマソングなど流していますが、あの間抜けな音楽何とかならないのでしょうか?天下のNHKまでも歌手を呼んで盛り上げるしまつ・・・・・。ワールドカップの時も、これでもかというぐらい垂れ流すんだろうな~。そして、お決まりの「感動をありがとう」。う~ん止めて欲しい。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-21 22:13 | 日本代表
2006年 02月 19日
準備完了!!
2月19日 チケットが届く


d0044021_22174129.jpg

開幕戦のチケット

先日のチケット争奪戦を掻い潜り、ゲットしたチケットが届きました。シーズンオフで気が抜けた状態だったのですが、こうして開幕のチケットを眺めていると、いよいよシーズン到来といった感じで、気が引き締まってきます。

開幕のガンバ戦、我々はネットに絞りトライしたのですが、ぴあもイープラスも瞬殺。今までの経験から、めげずに復活を期待してリロードしていたら、20分程で復活したので、そこでようやくゲットすることができました。それにしても、ガンバ戦でチケット争奪戦とは、時代が変わりましたな~。

d0044021_2230242.jpg

埼スタのシーズンチケット

そして今季から発売された、埼スタのシーズンチケットの7試合分が届きました。今まで埼スタセット券で3試合ごとに購入していたので、手間が省けますし、チケット自体がオリジナル印刷で、シーズンチケットのようなデザイン。こちらも感慨深いものがあります。
「ぴあとは違うのだよ、ぴあとは!」ランバ・ラル風につぶやいてしまいました・・・。

d0044021_22333774.jpg

チケット+ホルダー

ホルダーもついてきました!!!手がふさがっている時に首からぶら下げていると、チケットチェックのときに楽なんですよね。「Raise your spirits!」と刺繍してあります。う~ん、気持ちが昂ってきましたよ!
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-19 22:18 | 浦和レッズ
2006年 02月 07日
ぼちぼち。
d0044021_21275667.jpg
開幕に向けてウォーミングアップしますか・・・
ギドの笑顔、何度も見たいですね!

[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-07 21:28 | 浦和レッズ
2006年 02月 01日
お疲れ様でした。
森GM退任


しばらく更新をサボっていたら、もう2月になってしまった orz
月日が経つのは早いものです。

さて、レッズフェスタも終わり(我が家は不参加でした)、いよいよ開幕に向けてスタートを切った浦和レッズですが、森GM退任のニュースが。

森氏といえば、言わずと知れたJリーグが開幕した年のレッズ初代監督であり、1,985年のメキシコワールドカップ予選であの「木村和司の伝説のフリーキック」の時の監督でもありました。

正直なところ、クラブの監督としては実績を残せませんでしたが、GMとしてレッズに戻ってきてからは、クラブの強化とともにチーム改革にも力を発揮し、優勝を狙える体制を整備した功労者ではないかと思います。プロ野球の西武やダイエーを常勝チームにした故根本陸夫氏のような。

今後のことは未定との事ですが、「浦和で広島焼きの店かもつ鍋屋をやる」かもしれないとの事ですので、お店がオープンしたあかつきには、是非、足を運ばせていただきます。

本当にお疲れ様でした。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-02-01 00:36 | 浦和レッズ
2006年 01月 21日
セリエA観戦記その5~インテルvsブレシア
**オフでネタ切れ。かなり古い記事の続きです。お暇な方だけどぞー!**
d0044021_209379.jpg
少人数でも熱いブレシアサポ。

すごい爆音がしたのは、我々が座っていたほんの15m先の観客席。
イスがもうもうと煙を上げている。誰だよ、ここで爆竹焚いたの。。
程なくして、気の弱そ~な男性が、職員に連行されていった。お前か!犯人は。
こっそり見に行ったら、イス、破損してました。。
セリエA、発炎筒や爆竹は黙認されてると思ったけど、物を壊すと連行されるのかいな。



続き
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-21 19:59 | 海外サッカー
2006年 01月 18日
フユザクラ
1月18日春はまだ遠し。


d0044021_0591861.jpgd0044021_0593674.jpg

先月末に四谷の某所に咲いていたフユザクラ。字のごとく、冬に咲く桜があるとは驚き(まあ、私が知らなかっただけなのですが・・・・・)。
木枯しが吹いていてとても寒い日でしたが、健気に咲いていたフユザクラを見て、心が温まったような気がしました。冬は冬で趣きがありますね!

厳しい寒さでこたつから抜け出せない日々が続いており、当ブログの更新も滞りがちですが、またボチボチアップしていきます。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-18 00:46 | 日記
2006年 01月 16日
小野伸二レッズ復帰
月日が経つのは早いもので、もう一月の中旬なんですね~。ついこの前までおせちを食べていたというのに・・・・。

さて、かなり遅いですが、小野伸二がレッズに復帰しました。正直ヨーロッパ内で移籍するものだと思っていたので、ネットで知ったときはかなりびっくりしましたが、リーグ優勝に向けてフロント陣の並々ならぬ意欲が伝わってきます。

今回の移籍に関しては、移籍金約3億円、3年の複数年契約、並びに高額の年俸と非常にハードルが高いもので、レッズとしては、決してお情けではなく、戦力として尚且つビジネスとして(再度欧州に移籍した場合に移籍金を得られる)獲得したのでしょう。

度重なる怪我で、ここ2,3年はその能力を発揮しているとは言いがたいですが、信頼できるドクターも近くにいることだし、是非ここらで完全復活して欲しいですね。そしてピッチに君臨して欲しいです。もうセンターサークル辺りで、小器用にボールを散らすだけの小野は見たくないですから・・・・・。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-16 00:55 | 浦和レッズ
2006年 01月 09日
初滑り
初滑り@志賀高原(1/7~9)

アクセス:自宅-東京外環(大泉JCT)-関越道(藤岡JCT)-上信越道(信州中野IC)-オリンピック道路-志賀高原
宿泊  :サンバレーゲレンデ内某ホテル

d0044021_030113.jpgd0044021_0474997.jpg

熱戦が続く高校サッカーですが、我が家のオフの定番、シュプール(死語?)を描きに、大雪の中志賀高原まで行ってきました。いや~、寒かったし物凄い雪だった。-10℃以下だったので、グローブをはずしていると手が痛くなってくる。

続きを読む
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-09 00:30 | 旅行
2006年 01月 05日
黒部・相馬加入決定!!!
1月5日 新加入選手発表


黒部相馬の加入がオフィシャルで発表された。
去年とは違いフロントが積極的に動いています。今年はワールドカップがあるため、代表選手不在や、去年のように怪我人・退団など想定外の事態に備えたものと推測されますが、中村修三CM、グッジョブです。

ますますレギュラー争いが熾烈になってきますが、現在在籍している選手達も奮起して、是非健全な競争でスタメンを勝ち取って欲しいです。

それにしても相馬君、大観衆の前でプレーしたいって、古巣の東京ヴェルディ3267はそんなに観客いなかったの?
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-05 00:51 | 浦和レッズ
2006年 01月 04日
天皇杯の風景
明日から仕事始めで憂鬱な気分ですが、2日行けば3連休なので、もう少し天皇杯優勝の余韻に浸りたいものです。
d0044021_0264451.jpg
絵画館。何度も目の前を通ったが、実際に中に入ったことはない。


d0044021_0372617.jpgd0044021_0373756.jpg
左 しずてつバス 右 ネスカフェの特設ブース

清水からもはるばる団体で来ていたようで、絵画館の駐車場に何台もバスが停まっていた。我々埼玉の人間は国立から1時間もあれば帰れますが、彼らは新年早々決勝の舞台で敗れ去った悔しさで、清水までの道のりはお通夜状態だったかと。

青山門のところにネスレのブースがあり、無料でコーヒーを振舞っていた。ホームレスらしきおじさんが、さりげなくコーヒーを貰っていた。中にはガチの鹿島サポがいたのだが、マフラーはともかくユニまで着込んでいた。中立の立場で自チームのユニを着ていく感覚がよく分からない。

続きを読む
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-04 00:22 | 浦和レッズ
2006年 01月 02日
天皇杯優勝、そしてさらば伝説の漢
第85回天皇杯決勝
1月1日(日)14:03キックオフ/国立/51,536人
浦和 2-1 清水
得点者:39' 堀之内聖(浦和)、73' マリッチ(浦和)、76' 市川大祐(清水)


d0044021_1124161.jpg
国立競技場青山門より入場する

浦和レッズとなって初の天皇杯決勝進出。多少は心の高揚があるものの、いつものように国立へ。ナビスコ決勝やCSを経験しているからだろうか、周りのレッズサポも浮ついた感じがない。試合に向けて集中しているようだった。

d0044021_1443342.jpg

試合は清水の組織的な守備にてこずった。清水の選手達は、まるで元寇の時に鎌倉武士に襲い掛かるモンゴル兵のように、浦和の選手がボールを持つと、2人3人がかりであっという間に囲い、ボールを奪い去ってしまう。ボールホルダーに対して、フォローが遅い浦和の欠点を、清水は徹底的に突いてきた。

硬直した試合展開の中、レッズは前半CK崩れから堀之内のヘッド、後半苦しい時間帯で長谷部→ポンテ→赤星→ポンテとつながった芸術的なパスワークから、マリッチが5試合連続ゴールとなる追加点を奪う。
しかし、最後は清水の市川に一点を奪われて、かなりやばい雰囲気だったが、何とか逃げ切って勝利。あそこでチョ・ジェジンにむけてロングボールを放り込まれていたら、ディフェンスに高さがないだけに同点に追いつかれていたかもしれない。

d0044021_2143880.jpg
聖火台。試合終了後、ここに上ってしまおうかと思った。

内容はともあれ、25年ぶり(レッズとなって初めて)の優勝を喜びたい。その上、この試合でラストとなるマリッチが点を決めたので嬉しさ倍増。リーグが終了すると、さっさと帰ってしまう外国人が多い中(前エースは天皇杯に出たことあったっけ?)、契約満了にもかかわらず最後まで闘ってくれたマリッチ、ありがとよ。

そんな彼のプロフェッショナルな態度は、レッズの選手にもきっと良い影響をもたらしたと思うし、多くのサポーターの心をつかんだと思う。選手達がピッチから引き揚げた後も、マリッチのコールを連呼したサポーター。そしてそれに応えて、またピッチに出てきてくれたマリッチ。この日はカップウィナーとして記録に残った日であり、また一人の選手との、最高の別れが記憶に残った日であったと思う。彼の今後の活躍を願ってやみません。
[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-02 01:05 | 浦和レッズ
2006年 01月 01日
祝!天皇杯獲得!&賀正!
d0044021_22203582.jpg
やりました!!幸先いいではないですか。
やはり「優勝」っていい言葉ですね。さぁ祝杯だ♪さぁアジアだ♪
今宵は飲みましょう!
d0044021_2221876.jpg
いい年になりそうです。いや、いい年にしましょうね!
皆様、今年もよろしくお願いいたします。

[PR]

# by red_kobaton | 2006-01-01 22:22 | 浦和レッズ
2005年 12月 31日
天皇杯と私
d0044021_1631310.jpg
国立を埋めるレッズサポ(2003年ナビスコ決勝より)

浦和レッズとなってから、初めての天皇杯決勝進出。元旦にテレビで観るのが定番だったこの舞台に立てることに、感慨深いものを感じます。

なぜなら天皇杯といえば、私がレッズサポになるきっかけを作ってくれた大会なのです。Jリーグの開幕前の92年、当時まだどこのクラブを応援するか特に決めていなかった私は、友人に誘われて準決勝の三菱浦和(現浦和レッズ)と読売ヴェルディ(現東京ヴェルディ1969)の試合を観にいきました。

今では考えられないですが、当時は読売クラブが全盛で、選手もスターばかり。準決勝の会場であった国立は、ほとんど緑のフラッグに埋め尽くされて、1/6ぐらいの一画が赤いスペースでした。我々は埼玉在住ということで、浦和レッズとしてスタートする、三菱を応援する一画に座りました。記憶が正しければ、三菱を応援するところで発炎筒を焚いて、四谷警察署に連行されるひとがいて、初めて見る発炎筒に結構興奮したのを覚えています。

試合の内容はあまり覚えていないのですが、泥臭くもガッツあふれるプレーで、スター軍団に立ち向かう三菱の選手達、中でも、物凄いスピードでピッチを疾走する福田という選手にとても惹かれました。そして数では劣勢でも、熱くチームを応援する人々。この一試合で翌年から応援するクラブが決まりました。

あれから十年以上。85回続いている天皇杯には、色々なドラマや各自の思い入れがあるとおもいます。ファイナリストの名誉とともに、明日は好勝負を期待し、また我々もその舞台を一緒に演出しようではありませんか。そして、我々の選手達があのカップを高々と揚げられる様に・・・・。

当ブログにお越しいただいた皆様、今年は色々とお世話になりました。しょうもないブログですが、来年も変わらずお付き合いしていただければ幸いです。
それでは、良いお年を。
[PR]

# by red_kobaton | 2005-12-31 17:04 | 浦和レッズ
2005年 12月 29日
第85回天皇杯準決勝:大宮 vs浦和
「またお前らかよ!」の今年最後の「さいたまダービー」です。
d0044021_2364858.jpg
苦しかった、寒かった・・・けど、元旦国立にまた行ける!
d0044021_2373594.jpg
珍しく遠くの山々も見えました。なんとなく年末気分。空気が多少は澄んでるのね。
d0044021_2375243.jpg
まさかの延長。でも、選手達は耐えてくれましたね。
d0044021_23101948.jpg
タイトル獲りに行きましょう!


おまけ
[PR]

# by red_kobaton | 2005-12-29 23:20 | 浦和レッズ
2005年 12月 25日
第85回天皇杯準々決勝:浦和 vs 川崎F
マリッチ、ホーム埼スタで惜別のゴールを決める。
浦和 2-0 川崎F(13:03/埼玉/27,589人)
得点者:'69 マリッチ(浦和)、'83 堀之内 聖(浦和)


d0044021_0223074.jpg
いつものホームとは違う雰囲気の天皇杯@埼スタ

川崎Fの激しいチェックの前にかなり苦戦しましたが、たしかラフプレー連発で、仙台をクビになった事がある森の退場後は試合を支配。マリッチ、堀之内の2発で戦意喪失した川崎Fを順当に葬りました。

それにしても寒かったですね。まさに寒風吹き荒れる中、観る方にも忍耐を強いる試合だったと思います。

d0044021_0351491.jpg
契約満了となるマリッチ。別れがつらい。

準決勝の相手は今季5回目の大宮で、少々食傷ぎみですが、ここまできたらキッチリと勝って決勝で天皇杯を掲げるのみ。そして、マリッチを笑顔で送り出したいですね。

マリッチの契約満了に関しては、チームにフィットしてきて、結果も出てきただけに、非常に残念でなりません。ワシントンが来る以上は、タイプ的にかぶってしまうので、しょうがないかなとも思います。
しかし、あの不器用ながら必死にボールを追っている姿や、クラブやサポーターのためにプレーする姿勢に、共感した人も多かったのではないでしょうか?ゴール裏も彼に敬意を表して、母国クロアチアの国旗を思わせる、赤白チェッカー柄のフラッグを振っていたのでしょう。

マリッチ、次の試合も頼むぞ!!!
[PR]

# by red_kobaton | 2005-12-25 00:08 | 浦和レッズ
2005年 12月 24日
嬉しいクリスマスプレゼント
d0044021_1161334.jpg
選手のみんな、ありがとう!
・・・ええー?またさいたまダービーなの??
ご縁がありますな。
決勝のチケット買っちゃったことだし、次も勝って元旦は国立だー!

[PR]

# by red_kobaton | 2005-12-24 01:16 | 浦和レッズ
2005年 12月 22日
スキン変えてみました&ワシントンキター!!
乙は連日忘年会で多忙のため、
僭越ながら、私、甲が渾身の力を出して(嘘)スキンいじってみました。
先月のJEF戦で撮った写真です。
まだまだ改善の余地ありですな。(っていうかTOPの写真差し替えただけじゃん汗)

そしてワシントン来ましたねー。レッズに来てくれる選手は、みな熱烈歓迎です。
が、今年のヴェルディ戦の彼の印象があまりないのです。
私だけ??うまく生きるといいなぁ。

あっ。。明後日のチケまだ買ってないじゃん・・ダメダメです。

[PR]

# by red_kobaton | 2005-12-22 23:53 | 浦和レッズ
2005年 12月 18日
FIFA Club World Championship TOYOTA Cup Japan 2005
FIFAクラブワールドチャンピオンシップ トヨタカップ ジャパン2005 決勝戦
12月18日(日)19:20/横浜/66,821人
サンパウロFC 1-0 リバプールFC 得点:27'ミネイロ


大成功?のうちに閉幕したトヨタカップですが、ブラジルのサンパウロがリバプールの猛攻を凌ぎきって優勝しました。あれだけ一流選手が海外でプレーしているのに、自国のクラブにも才能あふれる選手がいることに、ブラジルの底力を見た気がします。サンパウロの皆さん、おめでとうございます。

この大会が存続すれば、レッズもこの舞台に立てるわけで、なんとしても国内で結果を出し、ACLを勝ち抜けるようになりたいですね。それにしても、アル・イテハドをアジアのチームとしてみるには、ちょっとムリがあるような・・・・・・。

今日はテレビでの観戦だったのですが(カテゴリー1のチケットで3万円!!!あと6千円でゴール裏のシーチケが買える!!)、日テレの実況は相変わらずひどいですね。野球や箱根駅伝のノリでやっているのでしょうが、流れと関係ないところで、「資料読み」するのはホント勘弁してほしいです。一生懸命調べたのでしょうけど。

野球は3時間、ヘタすると5時間はタラタラやっているし、駅伝はあまり状況が変わらないので、資料読みで間をもたせるのはアリなのでしょう。でも、サッカーは常に状況が変化するスポーツ。シンプルにその時の状況を実況してほしいものです。

まあ、民放はどこも絶望的にクソなので(個人的にはフジを除く)、民放の実況アナウンサーには、スカパーの倉敷さんや八塚さんの実況を聞いて、出直してきて欲しいですよ。あと、数々の伝説の実況をしてきたこの人の実況とか。まあ、ムリだろうな・・・・・。
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-18 00:17 | 海外サッカー
2005年 12月 17日
寝耳に水?
12月17日 伸二、浦和復帰?


突然発表された衝撃の移籍発表。これって、フェイエノールトが伸二を売りたがっていたところに、レッズが食いついたってこと?しかも、本人差し置いて・・・・・。

もう彼も26歳。完全移籍で日本に戻ってしまったら、再び欧州に戻るのは難しいのではないか?W杯で活躍して、その後また欧州へということも言われていますが、今のように怪我ばっかりで試合にほとんど出ていない状況では、代表のレギュラーも厳しいと思います。

伸二の才能は誰もが認めるところですが、レッズ的にはどうなんでしょう?長谷部や細貝、赤星じゃダメなの?観客動員は増えるかもしれないけど・・・・・・。
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-17 18:48 | 浦和レッズ
2005年 12月 13日
来期開幕戦
12月13日 来期開幕カード決まる?


d0044021_0442164.jpg

世界の国からコンニチハ

早くも開幕カードが決まったみたいですね。開幕に今季の1位と2位を持ってきた形ですが、興行的にはJ2から上がってきたクラブに人気チームとの対戦を持ってきたほうが、J全体としても動員的に良いのではないかとおもうのですが・・・・。我々としても、リーグ戦が始まってある程度たってから、実力のあるクラブと対戦したほうが、大一番として気持ちが高揚して燃えるんですけどね。その点セリエAなどは、ビッグクラブ同士の対戦とかダービーの日程づくりがうまいと思います。
まあ、Jリーグは上位と下位の実力差があまりないですから、来期も気を引き締めていかないといけないですよね。

さて、開幕戦の会場である、糞スタとして名高い万博記念競技場ですが、我々はまだ行ったことがありません。なんでもゴール裏が芝生席とか。今度こそチケットを取りそこなわないように、発売日にゲットしたいと思います。
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-13 00:41 | 浦和レッズ
2005年 12月 10日
第85回天皇杯5回戦
12月10日(土)13:03/愛媛/8,355人
浦和 2-0 F東京
得点者:30'マリッチ(浦和)、61'山田暢久(浦和)


我が家はBSが見られないため、ネットの速報とTVのニュースのみ。
結果から言うと、レッズ戦に異常なモチベーションで臨んでくる瓦斯の原ヒロミ監督に引導を渡し、見事準々決勝に進みました!ヒロミ乙!

 /    /  /   /  /   /     /
        __,____
   /.  /// |ヽヽ\    /  /  /
      ^^^^^.|^^^^^^
. /  /   ∧__∧    ヒロミさん、そんなに落ち込むなよ…
      ( ´・ω・)∧∧
 /     /⌒ ,つ⌒ヽ)   //  /  /
       (___  (  __)
"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`

内容は劣勢だったらしいですが、トーナメントは結果がすべて。これで、24日に無事埼スタへ戻ってこられます。

次は難敵の川崎Fが相手。気が抜けない戦いが続きます。

天皇杯優勝チームが、次年度のリーグで軒並み不振なので正直複雑です。
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-10 22:22 | 浦和レッズ
2005年 12月 06日
J1第34節 アルビレックス新潟vs浦和レッズ
12月3日(土) 2005 J1リーグ戦 第34節
新潟 0 - 4 浦和 (14:04/新潟ス/41,988人)
得点者:'4 堀之内聖(浦和)、'13 ポンテ(浦和)、'60 マリッチ(浦和)、'80 山田暢久(浦和)


d0044021_16011.jpg

関越道土樽PA下りより

家を出たときはすばらしい青空が広がっていましたが、関越トンネルを越えると天候が一変しました。一面の銀世界。新潟市に近づくにつれて、雪はなくなっていきましたが、吹雪・雹・土砂降りと目まぐるしく天候が変わり、波乱の一日を予感させるものでした。

d0044021_1151590.jpgd0044021_1152734.jpg

この日の試合内容については、あれこれ言う必要はないかなと思います。絶対に勝たなければならない試合で、気迫で相手を圧倒し、ようやくキッチリと結果を出してくれました。

最終的には2位でフィニッシュしましたが、私は不思議と悔しさは感じませんでした。むしろ、あれだけ色々なマイナス要素があった中で、最後まで上位争いにくい込めたことに、手ごたえを感じておりました。レッズも強くなったな~と。

d0044021_1303387.jpg

苦しかったシーズンにも光明が射した?

今年ほど色々なマイナス要因があったら、以前のレッズでは真っ先にJ2に降格していたかもしれません。そんな中、主力選手が退団や出場停止でいなくなったときも、酒井・堀之内・内舘・岡野や若手選手たちがきっちり穴を埋めてくれました。彼らの貢献は忘れてはなりません。

これだけ層が厚くなったのだから、フロントには的確な補強をしてもらい、必ずや来年こそはチャンピオンに・・・・・。そう固く誓って、「男前」の退団挨拶の前にスタジアムを後にしました。
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-06 23:59 | 浦和レッズ
2005年 12月 04日
We Are Diamonds
d0044021_17583827.jpg
結果は準優勝でしたが、寒い寒い新潟で、良い試合が観れて満足!
選手達には「1年間楽しませてくれてありがとう。」と言いたいです。
おっと、まだ天皇杯が残っているか。

しかし、寒かった新潟・・・雪雨アラレ雹全部経験しましたわ。
いいところですけどね!
d0044021_1823471.jpg


試合観戦レポはまた改めて。
(by甲)
[PR]

# by red_kobaton | 2005-12-04 18:04 | 浦和レッズ
2005年 12月 03日
勝ったどー!
d0044021_17392325.jpg

最終的な結果は残念でしたが、寒い中選手達はよくやってくれました。今ささやかな慰労会中。新潟駅前はレッズサポーターに占拠されています。皆さん気をつけてお帰り下さい。我々も吹雪の中帰ります。
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-03 17:39
2005年 12月 03日
間もなくキックオフ!
d0044021_13561582.jpg

ギリギリ間に合った。
アルビレックスチアリーダー寒そう…
[PR]

# by Red_Kobaton | 2005-12-03 13:56