2006年 09月 04日
AFCアジアカップ2007予選大会 グループA
9月3日20:30キックオフ(現地時間)サウジアラビア・ジェッダ
日本代表 0-1 サウジアラビア代表
得点者:73' アルドサリ(サウジアラビア代表)


日本時間で月曜の午前02:30?キックオフと言う、社会人には非常に酷な時間帯のTV放送なので、早々に寝てしまいました。
ですので、TVのダイジェストとネットで拾った情報からいくつか思ったことを。

試合の結果は、チャンスを作りながらも敗戦(´・ω・`)

ニュースのダイジェストを見る限り、結構チャンスはあったようですが、達也が二回ほど決定的なシュートを外していたなぁ~。決めなきゃ、あれは。
他にも何回かあった決定機を決められない所が、日本の現状を物語っているような気がします。

ネットで試合を追ってたら、途中から啓太のワンボランチだったみたいで、啓太が過労死しないかマジで心配・・・・・・。

次のイエメン戦も過酷な環境ですが、ホント選手達がかわいそうなぐらい、ひどい日程だとつくづく思いました。

そう言えば新潟でのイエメン戦と同様に、Most 無能コーチ大熊サンの声が、イスラム教本家の地で、アザーン(イスラム教の礼拝への呼びかけ)よりも高らかに響いていたみたいです。
仮にもA代表なんだから、いい加減コイツのオーバーコーチングには辟易します。
選手が主体的に考えながら走るが、この代表のモットーじゃなかったの?
[PR]

by red_kobaton | 2006-09-04 00:32 | 日本代表


<< 上を向いて行きましょう      2006 J1リーグ戦 第20節 >>